【クロームブック】という選択 Office365も使える 選ぶポイント

Chromebook

Chromebook(クロームブック)とは Google の Chrome OS を搭載したコンピューターです。

コンピューターのOSと言えば、マイクロソフト の Windows や アップルの MacOS が有名ですが、今回おすすめするのは Windows でも Mac ではない 「Chrome OS」という選択肢 です。( 読み : Chrom クローム)

Chromebook は ChromeOSが動作している端末で、ネットに接続しながら、 他のOSと同じように お仕事が出来ます。

ChromeOSを開発したのは、Androidスマホに搭載されている AndroidOSを開発したGoogle(グーグル)です。端末に搭載されているOSが無料なので、Chromebook 端末は、安価なモデルが多く手軽に導入できるので最近急速に シェアを伸ばしている注目のデバイスです。

Chromebook端末は安価で、購入してすぐに仕事が始められるので、リモートワーク時代に、手軽に導入して、仕事や趣味に利用している人が増えています。

今回は、Chromebook を 選ぶ ポイント注意点 を ご紹介しますので ベスト端末を見つけましょう。

ポイント

ChromebookOSの更新期限が決まっています。 なるべく期限の長いものを購入しましょう。

❷ 逆に更新期限が短い製品は安売りしていますので、コストを抑えたい方は狙い目です。

こんな スタイリッシュなモデルも。

Google Chromebook HP ノートパソコン インテル

■ Chromebook (クロームブック)ストア が Amazonで出店しています。

 

Chromebook の 特徴 と 向いている人

Chromebookは PCの動作が快適で、Web (ウェブ) の閲覧や メールチェック、文書の作成や スプレッドシートの編集など、基本的なPCの仕事ができます。

Microsoft の Office 365 も利用できるので、基本的なツールが利用できれば十分という人には最適です。ヘビーユーザーには Chromebookは向きませんが、使い方次第では2台目のPCとして重宝するでしょう。

ストレージやRAMが少ないモデルが多いのですが、クラウドサービスをうまく併用する事により快適に利用できるようになっています。

Chromebookは 起動も早く、動作も快適なので気軽に利用できるのも特徴です。

Chromebookの利用目的は多様で、テレワークやクリエイティブなお仕事など、何でもこなすことができる1台です。

価格帯も低価格のモデルから高額で高性能のモデルまで、各社から幅広くラインナップされています。低価格モデルは 2~3万円台から販売があり、実用的に十分な機能を搭載していますので、おすすめです。

PCって こんなに気楽に使えて、サクサクなんだなって感じで、PC意識が変わります。

魅力的な Chromebook の 導入を是非検討してみましょう。

CreamBookのメリット

Googleのアカントがあれば セッティングも簡単で、すぐに利用を開始できるのがメリットです。

Googleアカントで ログインするので、他の Chromeの設定や  アプリの利用、テーマ、ブックマーク 、パスワード等の同期が行われるので便利です。

次に セキュリティーのメリットですが、Chromebook は ユーザー側が ウイルス対策をする必要がありません。OS側がウイルス対策をするので、他のOSで必要な対策ソフトの導入が不要です。

新種のウイルスからの脅威は、 OSのアップデートで防御されます。OSのアップデートもバックグラウンドで実行されるので、メンテナンスも楽です。

最新の機種では、Chromebook上で Androidアプリ や Linuxアプリ も利用が可能なので用途が広がりました。

Androidアプリを利用する場合は、スマートフォンのようにタッチ操作が必要となるためタッチディスプレイ対応モデルがおすすめです。

メリットのまとめ

 ● セッティングが簡単です。

 ● ウイルス対策が楽です。

 ● Androidアプリも利用できます。

Office 365 は使える?

Chromebook が Google Playストアに対応していることが条件ですが、Microsoft Office 365の利用が可能です。

Microsoft の Office アプリケーションが Chrome OS上で 使えるわけです。

軽量で 動作がサクサクな Chromebookを持ち出して、クラウド上のOffice 資料を呼び出し編集などのお仕事ができます。仕事や趣味で作成したOfficeの資料が、Chromebook上のOffice365で使えるメリットは大きいです。

PCを持ち出しての出張を想定すると、重たいPCを持ち出して、なんやかんや持ち物も色々あって、モバイル環境で起動も遅くて、けっこう大変なんですが、Chromebookであれば気軽に持ち出して作業できるわけです。

その快適な ChromebookでOffice365が使えるわけです。

Microsoft Office のインストール

Microsoft アカウントでサインインする場合に利用できる Office Onlineは、Microsoftが提供しているブラウザー版のMicrosoft Officeで、無料で利用できます。

Office モバイル アプリでファイルを表示して、基本的な編集を行うことができます。

Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、サブスクリプションに関連付けられているアカウントでアプリにサインインして、Microsoft 365 による高度な編集機能を使用できます。

Chromebook に Microsoft Office をインストールする方法ですが、Google Play ストア からアプリをインストール して設定します。

利用方法の詳細は、こちらのリンクをご利用ください。

資料: Chromebook に Microsoft Office をインストールして実行する方法

 

参考に Android で Office をインストールしてセットアップする方法もリンクを貼っておきます。

Chromebookの価格帯

Chromebookの 価格帯ですが、一番安いモデルで 2万6千円ぐらいから購入できます。低価格なので気楽に購入して Chromebookライフが 始められます。

高性能の一番高い価格帯でも、9万円台から購入が可能です。WindowsPC や MacBookより安いモデルが多いので、手軽に導入して、ネット環境を構築して仕事に資料が編集できるようになります。

Amazonで安い順、高い順で Chromebook端末を見てみましょう。

 価格帯 低い順で製品 を見る

■ 価格帯 高い順で製品 を見る

 

ネット環境に繋ぐことが前提

Chromebookは、ネット環境に接続して利用することが前提となっています。

自宅や屋外で Wi-Fiに繋ぐか、SIMフリー対応のChromebookを購入してSIMカードをさして利用します。

最近は、使い放題のネット環境も安くなってきたので、スマートフォンのテザリング機能を利用して外出先で快適に利用することが出来ます。

気楽に使える Chromebook は買いです。

気楽に使える Chromebook は 肩肘張らず使えて 軽量で快適なので ぜひ1台 導入してみましょう。

どうしても WindowsPCや MacBook でないとダメという人以外は、Chromebookを購入して外出先に持ち出して、テザリングか Wi-Fi等で ネットに接続して、快適なPC生活を満喫しましょう。

機種選びのポイント

 Chromebook 機種選びの ポイント 

 1.  ChromebookOSの更新期限を確認する。
 2.  メモリは「4GB」以上を選ぶ。
 3.  CPUは「Corei3」以上を選ぶ。
 4.  画面は12インチ以上で 解像度はフルHDを選ぶ。
 5.  モバイル用途ではあれば より軽量タイプを選ぶ。です。

 

1. ChromebookのOS更新期限を確認する

Chromebook製品が最初に発売されてからOSの更新が終了するまでの期限が決まっています。

無期限に更新して使い続けることができず、OSの更新期限が決まっています。

更新期間は最長で8年程度なので、購入するときはなるべく更新期限が長いものを確認して購入しましょう。

逆に、発売日から時間が経過している機種は、利用できる期間が短いので安売りしているモデルもありますので予算と相談で、更新期間が短くて安い機種を探すのもいいでしょう。

参考資料:自動更新ポリシー Chrome OS 端末用のポリシーを管理する。

 

2. メモリ容量は「4GB」以上を選ぶ

4GB以上のモデルが多いのですが、旧モデルは2GBのものがりますので、快適に利用するには

4GB以上の機種を選びましょう。

 

3. CPUは「Corei3」以上を選ぶ

CPU は Corei3 以上が快適に動作しますので Corei3 以上を選びましょう。

 

4. 画面は12インチ以上、解像度はフルHDを選ぶ

液晶は 12インチ以上で 解像度はフルHD以上を選びましょう。できれば 画面サイズは14インチ以上がオススメです。 携帯性を重視するなら12インチ以下となります。

Androidアプリを利用する場合は、タッチスクリーン対応のモデルがオススメです。

5. モバイル用途では軽量タイプを選ぶ

モバイル用途で利用する場合は、重量が 1.2kg 前後のモデルが 軽量で持ち運びやすいのでなるべく軽量モデルを選びましょう。

 

その他 の スペック

●バッテリー

 バッテリー容量はなるべく大きいものを選びましょう。 できれば10時間以上駆動するモデルがいいでしょう。

●出入力端子

 出入力端子は、なるべく多様な規格の端子が搭載されているモデルがいいです。

●手書き対応のモデルや、タブレットモードや、モニターが回せる360°ヒンジなどのタイプもオススメの機能です。

アクセサリー

マウスが利用できると作業性が上がるので良好です。

マウスを選ぶ場合は Chromebook本体がBluetoothに対応した機種で、マウスが ChromeOS 対応のマウスを選ぶとよいでしょう。

まとめ Chromebook 導入の ススメ

Chromebook 導入 の ススメ を 「まとめ」ます。

★ シンプルで価格が安く導入コストが抑えられる。
★ セットアップと起動が早い。
★ 動作が軽く、読み書きが早い。
★ データはクラウドに保存して快適。
★ 常に最新の状態にアップデートされセキュリティソフトが不要。
★ バッテリーの駆動時間が比較的長くモバイル環境でも快適
★ Androidアプリ や Linuxアプリも使える( Microsoft の Office365も使える)
★ 他のOSからの乗り換えが容易で、初期設定が簡単。

以上が Chromebook のメリットと利点です。

ぜひ Chromebook の導入を検討してみましょう。

最新 オススメ モデルはこれ。

※ トレンドは、【360°ヒンジ】 と 【タッチパネル】 です。

HP の Chromebook

Lenovo の Chromebook

ASUSTek の Chromebook

■ Chromebook (クロームブック)ストア が Amazonで出店しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SHARE