マスクを着用したままiPhoneのロック解除が可能に AppleWatchが必要

iPhoneロック解除

iPhoneロック解除

マスクを着けたまま iPhone のロックが解除できるようになりました。2021年04月27日~。

今までは、マスクを着けたままでは ロックが解除されないため、マスクに触れて

顔を出すか、パスコードを入力する必があり不便でした。

今回の機能追加で、Apple Watchをお持ちの方は、連携してiPhoneのロックを

安全に解除できるようになりました。

Apple Watchは iPhone とは違い、常に身に着けているため、それを利用して

ロックを安全に解除するという新しい発想です。

アップデートが必要

この機能を利用するには iPhone の iOS を 14.5 へアップデート、Apple Watch を watchOS 7.4へ

アップデートすることが必要です。

セキュリティの観点からマスクで鼻と口を覆った状態では精度が低下するため、マスクを着けている

状態では、ロックを解除ができませんでした。

裏技的な方法として、マスク姿を半分ごとに登録して解除する方法はありましたが、

今回は公式に マスクを着用したままで iPhoneのロックを解除できるようになりました。

アップデート後は設定を有効にすることで、鼻と口を覆うマスクを着けていても、

パスコードを入力せずに iPhone が 解除出来るようになります。

 

iPhone 解除の条件

顔認証

マスクを着けていても Apple Watch を利用してロックを解除するための条件ですが

1)Apple Watchを手首に着用してロックが解除されていること。

2)iPhone と Apple Watch が 近くにあること。

3)iPhoneの Face ID設定が オンになっていること。

この状態でiPhoneでFace IDを起動すると、口と鼻の両方を覆うマスクを着けて顔認証が

できない状態でも、iPhoneのロックが解除できるようになります。

 

設定方法

mask

iPhone を iOS 14.5 へ、AppleWatch を watchOS 7.4に アップデートすると利用が

可能となりますが、アップデート後は設定が無効になっていますので利用した方は設定の

変更が必要です。

 

設定方法

iPhoneの [設定] → [Face IDとパスコード] → パスコードを入力

[Apple Watchでロック解除] の [○○さんの Apple Watch ]のスイッチをON(緑)にする。

注意が表示されるので問題なければ [オン] にする。

設定
設定
設定

 

設定はこれで終了です。マスクをしたままロックを解除できるようになります。 

マスクを着けた状態で iPhone のロックを解除すると、Apple Watch にロック解除を伝える

通知と手首をトンと叩く振動が届きます。

他人が勝手にiPhoneのロックを解除したことに気づいたら、iPhoneをApple Watchから

リモートでロックすることも出来ます。

Face IDで iPhoneのロック解除する時だけ有効で、App Store などを利用するときは、

パスコードの入力が必要です。

Apple Watch を最大限に生かせる機能

Apple Watch を所有している方は、是非利用したい便利な機能です。

Apple Watch を持っていない方は、この機会に是非購入してみたはいかがでしょうか。

LINEの通知が受け取ったり、Suicaの支払いが出来たりと 想像以上の便利な機能が利用できる

Apple Watchは オススメできます。

[st-card-ex url=”https://amzn.to/36X5Hbv” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です