TikTokの次は?動画アプリ乱立「短い動画サービス10選」が熱い!

短い動画

短い動画

TikTokが 無くなる? 買収される? 使用禁止? 、いろいろな噂がありますが、

いま、TikTokと同じような「短い動画」を投稿できるサービスが続々登場して注目を集めています。

今後 爆発的に普及して人気が出る動画サービスはどれなのか? 各サービスをまとめてみました。

先行して情報を収集して、自分にあったサービスを探してみましょう。

 

TikTok(ティックトック)

まずは TikTok(ティックトック)ですが、2018年ごろから You Tubeの広告で よく見かける

ようになりました。

撮影した動画にBGMを組み合わせて編集することができる、今までにない動画サービスの

機能が大ヒットしました。

Facebook、YouTube、Instagramなどを抜いて、世界で最もダウンロードされたにモバイル

アプリになりました。

短い動画でテンポもよく、スキップも簡単なので、ついつい時間を忘れて長時間視聴してしまいます。

[st-card-ex url=”https://www.tiktok.com/ja/” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

 

Byte(バイト)

6秒動画で人気だった Vine(バイン)が「byte」になって復活しました。

ショート動画で人気だった「Vine(バイン)」ですが、2016年にサービスを終了しました。

その後、2019年に 新たなショート動画アプリとして Byte(バイト)となりサービスを

開始しました。

[st-card-ex url=”” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]
バイト

 

Triller(トリラー)

Triller(トリラー)

簡単にかっこいい動画が作れる動画編集アプリです。

楽曲を選んでダンス動画などを投稿できます。HIPHOPを中心とするダンス動画の投稿が多いです。

[st-card-ex url=”https://www.triller.co/” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

 

Dubsmash(ダブスマッシュ)

Dubsmash(ダブスマッシュ)

アプリ内で好きな音源、台詞を選んで音楽を聴きながらアフレコしながら自分の動画を撮影でき

ます。 音源に重ねて、なりきり動画が投稿できます。

[st-card-ex url=”https://www.instagram.com/dubsmash/?hl=ja” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

 

Likee(ライキー)

Likee(ライキー)

Likee(旧称LIKE)は、オリジナル動画が制作できる共有プラットフォームです。

エフェクトや特殊効果を行いながら、オシャレなショート動画を簡単に作成できます。

[st-card-ex url=”https://likee.com/” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

 

Zynn

Zynn (読み方 不明)

動画を視聴したり、友人を招待すると、報酬がもらえますが、報酬を換金するためにはさらに

友人を招待しなくてはならず、色々問題多かったのか、アプリが App Store や Google Play から

現在は取り下げられています。

[st-card-ex url=”https://www.zynnvideo.com/” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

 

Snapchat(スナップチャット)

Snapchat(スナップチャット)

多機能で人気のSnapchat(スナップチャット)です。投稿して数秒で消えてしまう機能が、

逆に人気の理由です。

[st-card-ex url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=com.snapchat.android&hl=ja” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]
Snapchat

 

Reels(リール)

Reels(リール) Instagramの機能

インスタグラム(Instagram)の新機能として「リール(Reels)」の提供が開始されました。

15秒の短尺動画が作成できます。

 

YouTube Shorts(ショーツ)

Shorts(ショーツ) YouTubeの機能として展開中。

ShortsはYouTubeアプリ内で利用できるサービスで、短尺動画を投稿するプラットフォームです。

膨大な音楽を利用して、動画のBGMとして利用できます。

 

Tangi(タンギ)

Tangi(タンギ)は、Google が提供する動画サービスです。

アート、美容、料理、DIY などの動画が投稿できてモノつ作りを表現できます。

クリエイティブな職人匠技を投稿できる短い動画サービスです。

[st-card-ex url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tangi&hl=ja” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

 

Cameos(カメオス)

Cameos(カメオス)は、Google が提供する動画サービスです。

著名人を検索すると質問に答えている短い動画が表示されます。これが Cameos です。

現在は一般の人が使えませんが、今後使えるようになる可能性がりますので注目です。

[st-card-ex url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.cameos&hl=ja” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

まとめ


TikTokの次は?動画アプリ乱立「短い動画サービス10選」でした。

注目の 短い動画の情報、今後も更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です