【独学で合格】Excel 2016 エキスパート(上級)に絶対合格できる方法、学習のポイントと重要度。体験記 No.1/2

MOS Excelエキスパート2016

   \この記事を友達とシェア/

2-4 ほかの言語に対応したブックを準備する。

2-4-1 ほかの言語の通貨書式を適用する。★☆☆☆☆

世界各国の通貨の表示形式に数値の表示方法を変更できるようにします。

普段使わないような国の通貨が出題されても慌てず回答できるように全ての通貨書式に

目を通しておきましょう。

2-4-2 複数の言語に対応した表示形式でデータを表示する。★☆☆☆☆

普段使わないような国の通貨が出題されても慌てず回答できるように全ての表示形式に

目を通しておきましょう。

2-4-3 本文や見出しのフォントに対する複数のオプションを管理する。★☆☆☆☆

テーマのフォントをカスタマイズできるように学習しましょう。

3-1 名前付き範囲とオブジェクトを定義する。

3-1-1 セル範囲に名前をつける。★☆☆☆☆

セル範囲に名前をつけ、作成した名前を数式に使って計算できるようにします。

作成した名前を数式タブの定義された名前で呼び出して管理できるように学習しましょう。

3-1-2 データ範囲に名前をつける。★☆☆☆☆

表の先頭行に入力されている複数の項目名を使って一気に名前を定義する操作を覚えましょう。

3-1-3 名前付き範囲とオブジェクトを管理する。★☆☆☆☆

ページレイアウトにある「オブジェクトの選択と表示」を使って名前を表示して管理する方法を学習しましょう。

3-1-4 テーブルに名前をつける。★★☆☆☆

テーブルに名前をつけるとテーブルを使い込んだときに便利に機能するようになりますので覚えとくと便利です。
デザイン ー プロパティ ー テーブル名で変更します。

3-2 数式に関数を適用する。

3-2-1 ネスト関数を使って論理演算を行う。★★★☆☆

関数の中に関数を入れ子することを関数のネストといいます。複雑なネスト関数を
作成する問題も出題されるので基本をしっかり覚え、素早く回答できるように
練習しましょう。

3-2-2 AND、OR、NOT関数 を使って論理演算を行う。★★★☆☆

AND、OR、NOTの違いをしっかり覚えて、適切に関数にネストできるように学習しましょう。

3-2-3 SUMIFS、AVERAGEIFS、COUNTIFS関数を使って論理演算を行う。★★★☆☆

複数の検索条件を満たしたデータを演算する○○IFS関数です。検索条件が複雑になると
ミスしやすくなりますので、出題の指示を的確に条件式に確実に反映できるように
繰り返し学習しましょう。

3-3 関数を使用してデータを検索する。

3-3-1 VLOOKUP、HLOOKUP関数を使ってデータを検索する。★★★☆☆

3-3-2 LOOKUP関数を使ってデータを検索する。★★★☆☆

3-3-3 MATCH関数を使ってデータを検索する。★★★☆☆

3-3-4 INDEX関数を使ってデータを検索する。★★★☆☆

それぞれの関数の違いをしっかり覚えて的確に使えるように学習しましょう。

データベースから条件にあったデータを取り出す作業は実務で使う頻度が
高く、効率化に繋がりますのでしっかり覚えましょう。

3-4 高度な日付と時刻の関数を適用する。

3-4-1 TODAY,NOW関数を使用して日付や時刻を参照する。★☆☆☆☆

現在の日付や時刻を関数で表示できるように練習しましょう。

3-4-2 日付関数や時刻関数を使って数値をシリアル値にする。★☆☆☆☆

DATE、TIME、YEAR、MONTH、DAY、HOUR、 MINUTE、SECOND、WEEKDAY、 WORKDAY、NETWORKDAYS 日付関数や時刻関数は種類は多いですが、使い方は
似ています。 数値をシリアル値変更できるように練習しましょう。

 

続きは 「合格 Excel 2016 エキスパート(上級)独学 2/2」 です。

試験会場【有益】MOS資格 ぜったい合格できる攻略ポイント! 実際に受験して分かった試験当日の状況と注意点。
   \この記事を友達とシェア/
1 2 3