【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

合格 Word 2016 エキスパート(上級)独学 1/2{編集中}体験記

MOS Wordエキスパート2016

MOS Word 2016 エキスパート に合格しました!

MOS Word 2016 エキスパート (上級)に 合格しました!

この記事は編集中なのですが、Wordエキスパートについて少しお話しさせてください。

MOS資格を全て受験して最も役に立ったと思うのが この Word エキスパート(上級)
です。
Word は 想像以上に多機能に進化していたことに気づかされました。
複雑な文書管理を習得することによりビジネスで有効利用が可能となります。

Wordの利用価値は、文書を作成しているときだけでなく 編集時点で威力を発揮します
例えば、図表機能を利用して図番号を追加すると 編集後に自動的に番号が変わります。
段落、ページ番号も同じで、自動化されることにより 編集時間の大幅な削減が
可能性となります。

Wordエキスパートの学習で取得した知識を利用することにより、高効率な業務への
転換も可能となります。

それでは すべての試験範囲について簡単なアドバイスをお届けいたします。

学習と合わせてご覧いただき試験対策の参考にしてください。

項目ごとに難易度 の5つ星付きです。

文章とテンプレートを管理する。

1-1-1 既存のテンプレートを変更する。★☆☆☆☆

作成している文章をテンプレートとして保存する操作と、テンプレートを呼び出して

別のテンプレートとして利用する方法を学習してください。

1-1-2 非表示のリボンタブを表示する。★☆☆☆☆

作業領域を広げるため、リボンを表示したり非表示にしたリボンを表示したりする

操作を学習してください。

1-1-3 文章中のマクロを有効にする。 ★☆☆☆☆

WordにもExcel同様にマクロ機能があります。文書中のマクロを有効にしたり、セキュリティーの
設定が行えるように学習します。

1-1-4 ユーザー設定のスタイル、マクロを他の文章やテンプレート
コピーする。 ★☆☆☆☆

文章中に保存された、スタイルの設定やマクロの記述を、別のファイルにコピーする機能が
ワードには用意されています。2つのファイルを呼び出してコピーしたい項目をコピー先に
複製する方法を学習します。

1-1-5 文書パーツをほかの文書やテンプレートにこぴーする。 ★☆☆☆☆

他のフォルに保存されている、図形やテキストボックスなどを名前つけて「文章パーツ」として
登録できます。登録したパーツを別の文書でも利用できるように操作を学習します。

1-1-6 外部コンテンツにリンクする。 ★☆☆☆☆

作業中の文書に、別のWordの文書やExcelのワークシート、PowerPointのす態度などのオブジェクトを挿入できます。埋め込みオブジェクトとリンクオブジェクトを整理して学習しましょう。

1-1-7 アプリケーションの既定フォントを変更する。 ★☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。