【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

Microsoft 365 は サブスクがお得で便利 (旧 Office365)

Microsoft365

マイクロソフトのMicrosoft 365 Personal ( 旧称 Office 365 Solo ) を使うなら

サブスプリクション方式 による導入がオススメです。

価格は 年払いプランが ¥12,984/年で、月払いプランは ¥1,284 /月です(1 か月間無料)

利用できるのは アプリケーションとサービスは

Excel Word PowerPoint OneNote Outlook Access Publisher 

OneDrive Skype です。 

サブスクリプション版のメリットとして、常にアプリケーションが最新の状態で利用できます。

1ユーザー、同時 5 台(デバイス)のサインインが可能

同時 5 台(デバイス)まで、1ユーザーが利用可能です。

利用可能なプラットフォームは Windows 、Mac 、タブレット

スマートフォン (Windows、iOS、Android) と 多彩です。

様々なデバイスにも対応しており、端末を複数台持ちの方は 同一ライセンスで

複数の端末から Officeの利用可能です。作成したドキュメントやデータに、別の環境から

アクセスして閲覧、編集できて便利です。

 

Microsoft 365 のサブスク メリット と デメリット

Microsoft 365 をサブスクリプションで利用する場合の メリット と デメリットを見てみましょう。

●メリット

初期投資が抑えられる。

常に最新バージョンの利用が可能でサポートが切れる心配がない。

同時 5 台(デバイス)の利用が可能

OneDrive と Skype が 利用が可能

テクニカル サポートを いつでも利用可能

デメリット

使い続けるなら買い取りの方が費用が低い。

 

永続ライセンス

永続ライセンス版は 価格が ¥38,284 で、商品名は Office Home & Business 2019

となります。Mac および Windows PC の両方で利用が可能です。

長い間利用すればサブスクリプションより費用を抑えられます。

Microsoft 365 まとめ

サブスプリクション「Microsoft 365」は低コストで導入が可能ですが
継続的に利用する場合は、買取型よりはコストが大きくなってしまいます。

しかし、常に最新型を使えてサポートも継続的に受けられるため
リスクを最小限に抑えることが可能です。

複数デバイスで利用可能なので、仕事で移動が多い人や複数持ちの人は同一環境を常に
持ち歩けるため便利です。

是非導入をご検討ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。