【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

新MOS ( Office365 Office 2019 ) 資格試験 いつから?

mos2019

ぜひ 新しいMOS2019 バージョンについても受験して資格を取得をしてみたいと

思います。

現在実施されているバーションは以下です。

・ MOS 2010  全7科目が 2020年3月に終了。
・ MOS 2013  実施中です。
・ MOS 2016  実施中です。
・ MOS 2019  → 正式名称 :MOS 365&2019 に決定

MOS 2010 は 2020年3月に終了しました。

現在 受験する場合、MOS 2016 か MOS 2019 です。

新しいMOSの正式名称は MOS 365&2019 に決定しました。

 

MOS 365&2019 独学書籍

MOS 365&2019 については以下の記事で詳しく紹介していますので ご覧ください。

記事:「MOS 365&2019」ついに登場! 2020年4月から順次リリース

 

独学で学習する場合のおすすめ書籍も順次発売されていますのでご紹介致します。

試験の科目と開始時期

一時的に停止いていた試験の実施も徐々に回復しています。

MOS 365&2019の試験科目と試験の開始予定時期です。

試験科目出題範囲開始時期価格
Excel 365&2019Excel 365&2019.pdf申込み受付中一般価格:10,780円(税込)
学割価格:8,580円(税込)
Word 365&2019Word 365&2019.pdf申込み受付中
PowerPoint 365&2019PowerPoint 365&2019.pdf申込み受付中
Outlook 365&2019Outlook 365&2019.pdf未定
Excel 365&2019
エキスパート
Excel 365&2019_ex.pdf申込み受付中一般価格:12,980円(税込)
学割価格:10,780円(税込)
Word 365&2019
エキスパート
Word 365&2019_ex.pdf申込み受付中
Access 365&2019Access 365&2019.pdf申込み受付中

試験の形態

MOS 365&2019は、現在実施中のMOS 2016と同じ出題形式「マルチプロジェクト」で
行われます。

マルチプロジェクトとは、5個~10個の「プロジェクト」で構成されています。
プロジェクトには1~7個の小問が含まれます。試験開始と同時に、1つのプロジェクトが開きます。開いたファイルに対して、小問で指示された問題を実際のPCを操作して回答します。
各プロジェクトは、互いに独立していて、1つめのプロジェクトで行った操作が、2つめの
プロジェクトの採点や操作には影響しません。

使用するオフィスアプリケーション

試験に使用するオフィスアプリケーションは以下です。

  • Office 2019 Professional Plus
  • Office 2019 Professional
  • Office 365(Office 2019 Professional同等)

アプリケーションの違いにより、機能や操作方法に若干の違いがありますので
事前に確認することをお勧めいたします。

以上です。

カテゴリーとアーカイブです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。