【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

MOS Outlookは 対策テキスト&問題集がない?受験対策は。 

Outlook

MOS Outlookは 対策テキスト や 過去問集が無いのか?

マイクロソフト オフィス 製品のスキルを証明する MOS資格 ですが、電子メール・情報管理ソフト の Outlook にも MOS試験が存在します。

MOS資格を取得する勉強法として最もポピュラーなのが、書籍を購入して独学で学習を行い 受験に望む学習法です。

Excelや Wordを学習する場合は「対策テキスト&問題集」(模擬テストDVD付属)が 発売されていますが、Outlook(アウトルック)には、模擬テスト(模擬試験)が付属する 学習テキストが販売されていません。

Outlook(アウトルック) の 試験対策は どうすればよいのでしょうか。

模擬テストが付属する書籍やテキストはありませんが、MOS Outlook を受験する場合のオススメ書籍や学習方法について ご紹介いたします。

現在、 MOS Outlook (アウトルック) で受験が可能なバージョンは 3種類です。

 受験可能なバージョン

・ Outlook 365 & 2019 オススめ!
・ Outlook 2016
・ Outlook 2013

 MOS Outlook とは?

Microsoft  Outlook (アウトルック)とは、Microsoft社の 電子メール・情報管理するアプリケーションです。

MOS資格とは Microsoft社が認定している資格試験のことです。 MOS資格には Excel や Wordなどの

資格試験があり、Outlook は その中の1つです。

MOS試験は世界各国で実施されており、日本でも人気のある 資格 です。

MOS資格はスペシャリストレベル と エキスパートレベル の2種類の難易度がありMOS Outlook は スペシャリストレベル となっています。 試験の内容は、主に基礎操作が多くそれほど難易度は高く無いと思われます。

Outlook は 多くの企業で採用されているため、MOS Outlook 資格を取得すると就職や転職に有利です。

スキルアツプ や 社内でOutlookをさらに活用したいかたは、MOS資格の取得をオススメいたします。

 Outlook 2016 試験の概要

MOS試験は、Outlookの主な機能を理解して、メールの作成・編集、予定表の管理や活用、タスク管理など、さまざまな機能を目的や状況に応じて、活用できる方を対象とした資格です。

Outlook 2016 出題範囲

Outlook 2016 の出題範囲は、こんな感じです。

生産性向上に向けた Outlook の環境の管理設定をカスタマイズする
情報を印刷する、保存する
Outlook 内で検索操作を行う
メッセージの管理メールを設定する
メッセージを作成する
メッセージを書式設定する
メッセージを整理する、管理する
スケジュールの管理予定表を作成する、管理する
予定、会議、イベントを作成する
予定、会議、イベントを整理する、管理する
メモやタスクを作成する、管理する
連絡先や連絡先グループの管理連絡先を作成する、管理する

MOS Outlook試験は、PCを使用した実技試験で行われ 出題形式は「マルチプロジェクト」を採用して

います。試験時間は50分間で、Outlookの操作に関して約25問から30問が出題されます。

MOS Outlookは、随時試験を実施している会場が 他のMOS資格に比べ少ないため、受験機会が少なく、取得するためには事前に学習計画を念入りに準備する必要があります。

 学習方法、対策テキストは これを使う。

MOS資格の Excel や Wordを受験する場合は、「対策テキスト&問題集」を購入して独学で学習するのが一般的ですが 、MOS Outlook 資格には専用のテキストが発売されていません。

MOS資格の受験対策は全ての機能が網羅された学習書を念入りに学習して対策をする必要があります。

独学で学習してMOS資格を取得できるOutlook学習用の書籍をご紹介いたします。

紹介する3種類のテキストは 出題範囲 を ほぼ全て網羅していますので、一つまたは複数の書籍を学習することにより合格できるのではないかと思います。

「ひと目でわかるOutlook2016」

「ひと目でわかるOutlook2016」は、MOS資格の運営会社であるオデッセイで

学習書として紹介されており、おすすめの書籍となります。

今すぐ使えるかんたん Outlook 完全ガイドブック

全ての機能が網羅されており、繰り返し学習することにより理解度が深まり、「マルチプロジェクト」の出題に備えられる書籍です。

できるOutlook 2019

基本操作から応用まで学習できます。図解で分かりやすく細かな操作も習得できます。全てのバージョンに対応しています。

情報が少ない 受験対策 と 学習方法

Outlookは、多くのプラットフォームに対応しており、スマートフォン や タブレットでもメールの送受信ができます。

Outlookの機能は、電子メールの送受信だけではありません。

各種の情報を総合的に管理する機能があります。そのためMOS Outlookの出題は 多様であり受験準備も大変です。

学習方法

オススメの書籍「ひと目でわかるOutlook2016」で学習しましたので、ご紹介致します。

勉強法ですが、書籍を一通り全て学習します。基本操作をPCで実際に操作して学習しましょう。

 主な学習項目

・ メールの操作方法
・ メッセージの管理
・ 予定の管理
・ タスクの管理
・ 連絡先の管理

MOS Outlookの難易度は他のMOSに比べ若干低いので、基本操作をしっかり押さえれば 資格取得は可能です。

紹介した書籍をしっかり学習して、 Outlook のMOS資格取得に挑戦しましょう。

メール送受信操作 以外の学習

メール送受信の基本操作は、もちろんのこと MOS資格受験には 応用操作の取得が必要となります。

オプションの変更

「メール通知方法の変更」や「複数のアカウントの使い分け」など、オプションの変更が必要な問題も出題されるので学習しましょう。

生産性の向上

メールメッセージを並び替えて作業性を向上したり、フィルターで抽出して必要なメールをすばやく表示したり、作業生産性を向上させるための機能について操作を習得する必要があります。

予定の管理

Outlookは メールの送受信以外に 予定の管理も行うことが出来ます。予定時刻にアラームを表示したり、ToDoや会議の予定を管理したりする操作の習得が必要です。

タスクの管理

受信したメールからタスクを作成したり、タスクの進捗管理を行ったりする操作を習得します。

タスクと連動する便利なメモ機能も搭載されており、Outlook を使いこなす細かな、便利機能を取得しましょう。

まとめ 

Microsoft Outlook(アウトルック)は、メールの送受信だけではない、多様な機能が搭載されており、応用機能を習得することにより仕事の生産性が向上します。

MOS資格に挑戦することにより、Outlookの 全ての機能について学習する事になり、学習で得た知識が、職務や業務に非常に役立ちます。

是非、MOS Outlook 資格に挑戦してみましょう。

~合わせて読みたい記事~

MOS資格 独学 おすすめ 書籍 ( バージョン 365 & 2019 編 )MOS資格 独学 おすすめ 書籍 (バージョン 365 & 2019 編)

英語表記 略)mos outlook 2016 exam mos outlook 2016 exam questions mos outlook 2016 objectives
mos outlook 2016 practice exam mos outlook 2016 practice exam free mos outlook 2016 practice test
mos outlook 2016 study guide pdf mos outlook 2019 mos outlook 2019 exammos outlook access
mos outlook certification mos outlook email mos outlook exam mos outlook examen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。