【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

Windows7 サポート終了後はウイルスに感染しやすくなります。

サポート終了

Windows7 や Windows サーバ 2008 のサポートが 2020年1月14日 [火] に終了しました。

Windows7 を利用し続けるとリスクがあり危険です。

サポート期間中の製品に、不具合やセキュリティ上の脆弱性が発見された場合に

マイクロソフトから修正プログラムが提供されます。

これが皆さんもやっている WindowsUpdate に含まれています。

しかし、サポートが終了した場合、新たに不具合やセキュリテイ上の脆弱性が発見されても

修正プログラムの提供はありません。

2020年1月14日 [火] 以降、脆弱性が発見された場合、ランサムウェア等に感染しやすく

なっています。

と言いながらも前回サポートが終了したWindowsXPは、全世界的に影響が出そうな

重大な脆弱性には、サポート終了後も 修正プログラム を提供しました。

このことが Windows7への移行をさらに遅らせた要因と思っています。

その Windows7 もサポート終了! 時代の流れは速いですね。

ビジネスへの影響を考えると使うべきでない古いOS

電子情報セキュリティーマネージメント的には、脆弱性を修正できない OSを

ビジネスに使用するのは リスクが極めて高いので、 当然 2020年1月14日 以降は

使うべきではない。

と言っても OS の移行は費用と手間が消費されるので 企業にとっては頭の痛い問題です。

ついつい古いOSを使い続けてしまう傾向がある。

しかし、その心の闇を 必ずウイルスが襲うことになります。

ウイルスへの感染は、社内はもちろんの事、ベンダーや顧客の影響は計り知れない。

電子情報セキュリティーマネージメントを しっかりやることは当然のことで

ビジネスの交流でパスポートとも言える 大事な側面となっている。

知りながら古いOSを使い続ける場合は、残留リスクとしてキチンとマネージメントする

必要があるが、安全に回避するには「拡張セキュリティ更新プログラム (ESU)への契約」

位しか回避方法がなく、契約出来る企業はほとんどいないだろうから現実的ではない。

Windows10 に大至急 乗り換えるべき

急いで Windows10 に 乗り換えるべきです。

いまごろ Windows10 を検討している人は、かなり遅れています。

いま お使いの Windows7 は何年利用しましたか? XPのサポートが切れるので慌てて

買い換えた方は、寿命が短かったと思います。

製品を切り替えるサイクルが遅いので 改めるべきです。

PC環境を安全に保つことはネット社会の最低限のマナー

ご自身のPC環境を安全に保つことはネット社会の最低限のマナーです。

OSに限らず、ブラウザ や Office製品についても、サポートが終了することによって

全体の環境が不安全な状態になります。

最新の情報と製品を利用して、 安全で快適なネットライフ、ビジネスを実現しましょう。

※ その他、今後サポートが終了する マイクロソフトの代表製品

 ・ブラウザ 2020年1月31日にサポート終了

   Internet Explorer 10

 ・Office2010 2020年10月13日にサポート終了

   Office 2010(すべてのエディション)

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。