【Google】2年以上放置されたデータを削除、対策は。GoogleフォトやGmailなど。

Google

2021年6月1日から、Googleに15GB以上のデータを保存したまま 2年間放置するとデータが削除されてしまいます。

データが消えるのは大変なことですが、サービスポリシーの内容を確認して対応すれば大丈夫です。

全世界で、Gmail、Googleドライブ、Googleフォトの3つのデータ保存容量は、1 日 に 約 430 万 GB 以上だそうです。

1 日 に 430 万 GBです ! ものすごい量の コンテンツがアップロードされているんでね。

Googleは 全世界で 数十億人分の メール、ドキュメント、写真、動画などを安全に保存して管理しています。

今後も増え続ける需要に対応して、優れたストレージ環境を継続、提供するために Googleは ストレージポリシーを 2021年6月1日 に変更しました。

データが削除されないように、変更内容をよく確認して対応しましょう。

 変更内容の要約

データが削除される条件は、

大容量を放置して容量オーバーを2年間放置した場合

サービスにログインしないで2年間放置している場合。

新ポリシーでは、保存容量を超過したアカウントで、追加容量を購入していなかったり、超過後の対策をしていない場合は削除の対象となります。

また、2年以上利用していないサービスに対して、データを削除する可能性があると言っています。

影響がある対象サービスは

Googleフォト、Gmail、Googleドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトのファイルを含む)です。

Google フォト

2021 年 6 月 1 日以降、Google フォトにアップロードされる新しい写真や動画は、すべてGoogle のアカウントで使用可能な無料の 15GB ストレージ、または Google One メンバーシップとして購入した追加のストレージ容量を使用しているものとしてカウントされます。

2021 年 6 月 1 日以前にアップロードされた高画質の写真や動画は、15 GB の無料ストレージにはカウントされません。

保存容量を使い切った場合、写真や動画をバックアップできなくなります。

現在の使用容量は、Google フォトアプリ内の [フォトの設定] の [バックアップと同期] から確認できます。

Google ドライブ

2021 年 6 月 1 日以降に作成される新しい Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard ファイルの容量は、無料の 15GB のストレージまたはGoogle One で購入した追加ストレージ容量にカウントされます。

既存ファイルは、2021 年 6 月 1 日以降にファイルの内容を一切変更しない限り(つまり閲覧のみの利用であれば)
ストレージ容量にはカウントされません。

保存容量を使い切った場合、新しいファイルの同期やアップロードができなくなります。

Google Gmail

2021 年 6 月 1 日の時点で、利用していない状態または保存容量の割り当てを超えた状態が 2 年以上継続している場合は、すべてのメールが削除されることがあります。

保存容量を使い切った場合、メールを送受信できなくなります。対象になってしまった場合、お客様宛てに送信されたメールは送信者に返送されます。

ストレージ制限を超えているアカウント

2021 年 6 月 1 日以降に、ストレージ容量制限を超えている Google アカウントで、新しいポリシーが導入されえます。

2 年以上ストレージ容量の制限を超えた状態が維持された場合、Google は Gmail、ドライブ、Google フォトのファイルを削除されます。

 

 大事なデータの削除を防ぐためには?

容量オーバーを2年間放置、サービスにログインしないで2年間放置していると削除されるので対策をしましょう。

大事なデータが消えないようにするためにはアカウントを使用している状態に保つ必要があります。

オンラインの状態で Google のアカウントにサインインして、定期的に Gmail、ドライブ、またはGoogle フォトを開いて、アカウントを使用している状態に保ちます。

ユーザーが余裕を持って対応できるようにGoogleがファイルを削除する前には、通知が送信されます。通知を受信したら必ず、確認、対応をとりましょう。

無効化管理ツールについて

今回の新しいポリシーは、このアカウント無効化管理ツールの設定に関わらず、2 年間使用されていないアカウントに一律に適用されますので注意が必要です。

Googleアカウントには「アカウント無効化管理ツール」という、一定期間を経過するとアカウントを無効にできるツールがあります。

ユーザーが一定期間( 3 か月から 18 か月)自分のアカウントを利用していない状態が続いた場合、Google に保存しているコンテンツを、どう処理するか?対応を管理するためのツールです。

使用量の確認が必要

2 年以上ストレージ容量の制限を超えた状態を継続すると Gmail、ドライブ、Googleフォトのファイルが削除されるので、使用量を確認する必要があります。

Google アカウントのストレージの使用量を確認するアプリとツールは 、Google One アプリとGoogle One のストレージ管理ツール です。

ストレージ管理ツールでは、Gmail、ドライブ、Google フォトの保存容量を簡単に確認でき、不要なアイテム、破棄したもの、サイズの大きいアイテムを確認、削除して、空き容量を増やすこともできます

Google フォトでは、ストレージ容量がいっぱいになるまでの期間の予測を表示 もできます。

バックアップした写真や動画を簡単に管理できる Google フォトアプリの、新しい無料ツールも提供されています。

不要なデータを整理しましょう

ご自身の、Gmail と Googleドライブ、Google フォトにアクセスして、不要なデータは削除しましょう。

Google One のメンバーシップ

より多くのスペースが必要な場合は、 Google One のメンバーシップを購入することでストレージが拡張できます。

有料プランは月額 250 円で 容量 100 GB のプランからご自身のニーズにあったものが選べます。

長期にわたってメールや写真、動画、各種ファイルを安全に保管できるオンライン サービスが今後も必要な場合は、有料プランもおすすめです。 

 まとめ

今回のポリシー変更により、データが削除される期限が明確になりました。

あまり容量を消費していない利用者の方は影響は少ないですが、容量をオーバーしている方や、オーバーの通知を無視していいると、大事な情報が削除される可能性が出てきましたので、ご自身のデータ管理をしっかり行いましょう。

 削除されたくない場合

1. 定期的にログインして「利用した状態」にする、
2. 15GBを超えないようにデータの整理をする。
3. 有料プランに加入して容量を増やす。

AndroidPixel 4a レビュー!初期設定 と 購入してよかったこと。

参考リンク集

[Googleブログ記事]Google アカウントのストレージポリシー変更について
https://japan.googleblog.com/2020/11/storage-policies-update.html?m=1

Google フォトのストレージに関する変更
https://support.google.com/photos/answer/10100180

容量オーバーしているかどうかは以下を参照して下さい。
https://drive.google.com/settings/storage

Google ストレージの仕組みに関する今後の変更
https://support.google.com/googleone/answer/9312312