【DIY】100均でiPhoneのMagSafeスマホケースを作ってみた。

MagSafe手作りケース

iPhone12 シリーズから 新機能として マグセーフ [ MagSafe ]  が 搭載されました。

マグセーフ [MagSafe] は、iPhone の裏面に磁石が内蔵されていて、専用の充電器やアクセサリーをピタッとはりついて、便利に使う機能です。

AppleからMagSafe対応の純正アクセサリーが沢山発売されていますが、今回は「MagSafe対応のクリアーケース」を DIYで作製して、純正より安くて軽いケースを目指します。

ちょっと注意点もあるので最後までお付き合いください。

※ こちらの商品を使います。MagSafe対応の磁気リング

MagSafe対応 の iPhone 12 | 12 Proクリアケースを自作。

今回、自作するのは、この クリアーケースです。

Apple純正: MagSafe対応 iPhone 12 | 12 Pro クリアケース ブランド: Apple (アップル)

このケースの構造ですが、ケースの内側にマグネットが埋め込まれていて、位置ずれ防止のストレートマグネットもあってオシャレです。

純正品の 価格は 約¥6,050 と、ちょっと高価ですが、純正品の安心感と美しさが魅力です。

このクリアーケースを安く自作できないか検討しました。

手作りに挑戦 まずは部材探し

DIY で用意した物

手作りするのに必要なモノはこちらです。

透明ケース、100円ショップ Seria(セリア) の

「 for iPhone 2020NEWモデル6.1 inch 」 です。 価格は 100円( 税別 )です。

このケースは100円ですが、透明感もあり、触り心地も良くて、軽量なので使いやすいです。

下の写真は Apple純正のクリアケース」(右)と Seria(セリア)の 透明ケース(左)を並べたところです。

Seria(セリア)の 透明ケースは、コーナーに衝撃吸収の突起があり、落下の衝撃を少し吸収してくれます。

重量が軽いのも特徴で、Appleのケースが 約30グラムで、Seriaのケースは 約22グラムです。

丸い磁石を探してみたが

MagSafeの特徴でもある丸いマグネット部分なんですが、100均で代用品を見つけようとしましたが、 ぴったりの商品が見つかりませんでした。

「マグネット粘着シート A4サイズ」をカットするなどの検討をしましたが、100均のマグネットは厚さがあり、磁力が弱いため実際に試してみましたがダメでした。

100均には 磁石を利用した製品が多数ありますが、厚さがうすくて 磁力が強い商品はありませんでした。

 

Magsafe用 磁気増強 メタルリング

「Magsafe用 磁気増強 メタルリング」をネットショップで見つけました。

この商品の本来の目的はMagsafeの磁気を増強させるためのマグネットです。

厚さが0.45mmと薄いのに磁力は強力で、今回の手作りケースには最適でした。当然、MagSafeのリングと同じサイズになっていますのでサイズもピッタリです。

この磁気リングを100均の透明ケースに貼り付けることにしました。

貼り付けるときに注意したいのは、貼り付ける面は透明ケースの外側にすることです。内側に貼り付けると、大事なiPhoneとマグネットリングが当たって傷が付いてしまいます

構成品は、マグネットリング 2枚と、ウエットとドライの汚れ取りシートが付いています。

簡単 クリアーケースの作り方

1)リングを貼り付ける位置を決める。

リングをケースに取り付ける位置が重要です。リングを貼り付ける位置がズレると充電などが正常に出来ません。

以下の作業でリングを貼り付けます。

リングに貼り付けられている両面テープが非常に強力なので、少しでも貼り付けてしまうと剥がすことが困難です。適切な位置に貼り付けるようにします。

貼り付け作業

手順1)位置を決めるため、100均のクリアケースをiPhoneの本体に取り付けます。

手順2)しっかり貼り付けるるため、透明ケースの裏面をよくアルコールなどで拭き取り汚れをおとします。

手順3)両面テープの離型紙を剥がさず、購入した「磁気増強メタルリング」を iPhone本体 のマグネットの位置に

    仮置きします。リングは磁気に吸い寄せられて、貼り付ける最適な位置がわかります。

手順4)適切な位置が決まったら、貼り付ける位置があとで分かるように細マジックなどでマーキングします。

手順5)両面テープの離型紙を剥がして、マーキングした位置に慎重に貼り付けます。

手順6)リングを上からよく押しつけて密着させます。

    表面の青い傷防止フィルムを剥がして完成です。

【DIY】MagSafeスマホケース 完成しました。

完成! つかい勝手を検証

マグネットの強さは、オリジナルケースに比べ 約1.2~1.5倍の強度があります。

注意:貼り付けたマグネットリングは金属なので、他の機器と接触すると傷の原因になるので注意が必要です。

充電器などのアクセサリーを手作りケースに装着してみました。

MagSafe充電器 で充電しているところです。問題なく充電できました。

MagSafe対応のiPhoneレザーウォレットなども、ピタッとはりつきました。

価格 と 重量

 

作成したケースの費用ですが

① Seria スマホケース 100円(税別)

② 磁気増強 メタルリング 799円(税別)

  合計 899円(税別)で作成できました。

ちなみに Apple 純正の  MagSafe対応 iPhone 12 mini
クリアケースは 約6,050円(税別)です。

重量は DIYケースが 25g、Appleのクリアーケースが 30g ととなりました。

 

まとめ

部材を全て100均で揃えることはできませんでしたが、安くて軽いMagSafeアクセサリーが

装着できる DIY 手作りのスマホケースができました。

今回は 100均のクリアケースにリング磁石を貼り付けて ケースを手作りしましたが、

このリング磁石を使えば、他のケースでも MagSafeアクセサリーが利用できる、オリジナルケースが

DIYできるとお思います。 是非挑戦してみてください。