AirTag(エアタグ)で、忘れ物/置き忘れを防止。世界中の皆で探す。

AirTagでオセロ

AirTag (エアタグ) とは、忘れ物を探したり、置き忘れを防止できる、Apple社 の Bluetoothを

利用したボタン型のタグです。

持ち主のBluetooth電波が届かない場所に置き忘れたり、盗難されても Appleの Find My networkを

使って、世界中の遠く離れた AirTag を追跡することが可能です。

AirTag 概要 / 機能

AirTagを カバンやお財布、キーホルダーや、自転車に取り付けておき、紛失したり置き忘れた時に

現在位置をiPhoneなどで追跡して見つけ出すことが出来るアイテムです。

円盤状のタグの大きさは「 サイズ 直径 31.9 mm 、厚さ 8.00 mm」で 重量は 11 g です。

iPod / iPad / iPhone の 「探す」アプリを使って AirTag の現在位置を確認することができます。

利用できるのは iOS 14.5以降を搭載したiPhone および iPod touchです。

iPadOS 14.5以降を搭載したiPadのモデル 利用できます。

数m先など「正確な場所を見つける」機能を利用する場合は対応するデバイスが必要です。

対応するデバイス

・ iPhone 11
・ iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
・ iPhone 12、iPhone 12 mini
・ iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max

置き忘れ機能としては

AirTagとの距離が、Bluetoothの電波が届く範囲、約10mより離れると警告がでます。

探す仕組み

AirTagの近くにある「探す」ネットワーク上のデバイスが検知します。安全な

Bluetooth信号を送信して、信号を受け取ったデバイスは、AirTagの位置情報を

iCloud上に送信しています。

この情報を「探す」アプリからマップ上で確認できます。

他人のiPhoneなどを経由しますが完全に匿名となっており、プライバシーに配慮された

処理が行われています。情報は暗号化されており安全です。

処理効率が良いので、iPhoneのバッテリー残量 や データ使用量の消費は非常に少ないです。

 

使い方 / 機能

AirTagの 価格は 4個パックが 12,800円(税込)、1個パックが 3,800円(税込)です。

4個パックは単品で購入するより1個あたり600円安く購入できます。

iPhoneに登録して使う

AirTagを開封して、絶縁の ペリペリ を剥がすと 通電されて電源が入ります。

検出画面が自動的に表示されますが、検出画面が途中で消えてしまった場合は、

一度電源ボタンを押してロックを解除すると再び表示されます。

複数のAirTagを購入した場合は、1台ずつ登録を行ってください。複数のAirTagを同時に

通電して起動してしまうと、どのTagを現在登録しているか、わかりにくくなってしまいます。

「接続」ボタンをタップして AirTagに名前を付けて登録すれば追跡が可能となります。

 

探すアプリで管理する。

探すアプリを起動して「持ち物を探す」をタップすると、AirTagが付いている持ち物の

現在位置が地図上に表示されて居場所が分かります。

登録した持ち物をタップすると、「サウンド再生」「経路」「通知」「紛失モード」が

利用できるようになっています。

近くのAirTagを探すメニューが出ない場合

近くにあるAirTagを正確に探す機能が、初期設定では利用できないようになっていますので

設定方法をご紹介します。

「探すアプリ」の 【経路】 を 【探す】 に変更すると使えるようになります。

■設定方法

「設定」ー「プライバシー」ー「位置情報サービス」ー「探すアプリ」を探して

権限が「なし」になっていますので、 「このAppの使用中のみ許可」「正確な位置情報 ON」にして

もう一度、「探すアプリ」を起動して、探したいタグをタップすると 【経路】 が 【探す】に

変わっているので 【探す】をタップすると、近距離のAirTagを探す画面が利用できるようになります。

 

アクセサリー(ケース)

アップル公式の AirTag用のアクセサリーの販売が、Amazonで開始されたのでご紹介致します。

サードパーティー製のアクセサリー(節約編

約 900円のケースと、匠の技がいきている、薄いキーリング (1個当たり270円)を

組み合わせて 約 1,179 円の安価でホルダーを作成してみました。 (プチDIYです)

今回購入したホルダーです。

匠が作った、取り付けの際に爪に傷が付きにくい、オススメの薄いキーリングはこちらです。

仕様 Q&A

AirTag (エアタグ) は

Q: 充電式ですか?

A: ユーザーが自分で交換できるCR2032コイン型バッテリーを使用します。
   利用できる期間は、約1年です。バッテリー切れは事前に通知されます。

 

Q: 子供やペットに使ってもいい?

A: AirTagを子供の持ち物や ペットの首輪につけて 現在位置を知りたいところですが
   残念ながら、そのような使い方は推奨されていません。

 

Q: 悪用されませんか?知らないうちに持ち物に入れられて自宅を特定されるとか。

A: AirTagは、不要な追跡に使われないように設計されています。
   誰かのAirTagがあなたの持ち物に紛れ込んでも、あなたのiPhoneがそれを検知して
   アラートを表示します。Androidユーザーや見つけられない場合でも、AirTagが音を
   鳴らし始めるので気づいて処理することができます。

 

電池交換方法

バッテリーは交換できる、コイン型ボタン電池が使われています。

バッテリーの寿命は約1年間で、残量が少なくなるとiPhoneに通知が来ますので

早めに新品の電池 CR2032 に交換しましょう。

交換方法は、正面カバーを指で少し押しながら、時計と反対方向(左)に回すと、カバーが外れます。

電池を取り出しても設定は消えません。

電池のプラスマイナスを間違えないようにセットしましょう。

上部がプラスとなるようにします。

外すときと反対の手順でカバーを元に戻して、電池の交換は完了です。

防水性能が落ちないようにゴミなどを巻き込まないようにして

きちんとカバーを戻しましょぅ。

紛失時に帰ってこない可能性を考えてみた

所有者に戻らないパターンを考えてみました。

1)紛失物を悪い人に拾われて AirTag を破壊されて追跡できない。

2)盗難犯人が iPhoneユーザーで他人のAirTagを知らせる通知で気づき捨てられてしまう。 

  Androidユーザーの場合もブザーが鳴るので同じく気づかれてしまう可能性があります。

3)紛失物の近くを iPhoneユーザー通りかからない、山奥などで紛失した場合は追跡でできない。

4)バッテリー残量が少ないときに紛失してしまい途中から追跡できなくなる。

5)紛失物が遠方にあり、探しに行けない。高速に移動していて追いつけない。

6)水中 や 金属に覆われて電波が届かず探せない。

7)「探すアプリ」の使い方が分からず追跡できない。

AirTag を使って紛失物を探す場合、第三者が関与していると、どうしても性善説の上に

成り立っているので、悪い人に拾われたりすると帰ってこない可能性があります。

 

まとめ

特に忘れ物が多いという方や、大事な持ち物には 「探す機能」が有効です。

いざという時、必ず役に立つ AirTag を是非購入して 持ち物に取り付けておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SHARE