【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

【話題】Clubhouse(クラブハウス)やってみた。使い方、日本語化は。

クラブハウス

 話題の Clubhouse(クラブハウス)とは

話題の Clubhouse(クラブハウス)ってなに? どうやって始めるの、使い方は?

皆様の 疑問 、 お悩み について お答えいたします。

Clubhouseは、音声版のツイッターとも言われ、芸能人 や インフルエンサーが続々と参加する

音声ベースのコミュニケーションツールです。

Room (ルーム)というネット上に公開されたお部屋で、有名人と会話できたり、会話をコッソリ 聞く事が出来る

新しいプラットフォームです。

 

Clubhouse(クラブハウス)概要

Clubhouse(クラブハウス)とは、Alpha Exploration 社が開発している、2020年に運用が開始された、招待制の音声チャットソーシャルネットワークアプリケーションです。 (音声sns)

特徴を見ていきましょう。

 

参加するには招待してもらう。

Clubhouseは、招待制です。 招待枠は1アカウントあたり2名です。

Clubhouseを始めたい! 招待コードが欲しい!利用を開始をしたい!と言う方は、知り合いのclubhouse利用者の電話帳から「lnvite」ボタンを押して招待してもらいましょう。

誰かにClubhouseに招待してもらったら、アカウントを作成してください。

アカウントを登録すると自分のスマホに登録されている電話帳のなかから2人を招待することが出来ます。

「clubhouse 難民」

※ 招待されず clubhouseを 始めることが出来ない人たちのことを 「clubhouse 難民」と呼ぶようです。

ごくまれに clubhouse の運営側から、招待される事もあるようです。

先ほど、一人2名とご説明しました、招待枠が2名より増える条件があります。

 招待枠が増えると言われている条件

・運用期間が長い。
・モデレーター (ルーム主催者) になる
・利用頻度が高い。
・フォロワーが多い。

 わたくしも、利用しているだけで 実際に招待枠が 7名になっています。

日本語化

Clubhouseアプリは、英語のみに対応しており「日本語で表示したい」「日本語化したい」「言語設定を日本語に変更したい」という声があります。

Clubhouseには、表示する言語を切り替えて日本語にする設定項目は用意されていません

運営側の発表では、多言語化する予定はあるようですが 日本語に対応する時期などについては未定です。

意外と早い段階で日本語に対応すると考えていましたが、なかなか日本語化されません。

英語が苦手な人も頑張って使っている人が多いようです。

 

Twitterと連携できる

アカウントの設定時点でTwitterのアカウントと連携することが出来ます。

Twitterと連携せずに、手動で設定することもできます。

 

フォロー機能

気になるユーザーをフォローできたり、フォローされたりする機能があります。

フォローすると、そのユーザーのルーム情報などが通知されるようになるので、気になるユーザーはフォローしておきましょう。フォローせず、名前も忘れてしまうと後から探すことは難しくなります。

 

ルームの種類は3種類

ルームへの参加は簡単です。ルームをタップするだけです。

ルームに入出するだけなら、相手に通知されるだけで会話を聞くことが出来ます。

ルームには3種類のタイプがあります。全世界にオープンできる鍵無し Openルーム

フォローした仲間だけのSocialルーム、選択したユーザーのみが参加できる Closedルーム

があります。

・Open:オープン。。。 すべてのユーザーが参加可能 (鍵無し)
・Social:ソーシャル。。 モデレーターがフォローしているユーザーのみ参加可能
・Closed:クローズド。。 選択したユーザーのみ参加可能

 

問われる「会話力」

盛り上がっているルームは、会話力があるモデレーターが開催しており、優秀なスピーカーがいて、会話による情報量も多いです。

沢山のリスナーが聴いているclubhouseでは、「話題作り」や 「飽きの来ない会話力」が問われそうです。

Clubhouseのアプリは VoIP を利用しているのか、高品質ではないため 聞きづらい音声もネックです。聞き取りやすくするため、ヘッドフォンや、音声をクリアーに伝える機器をそろえる必要があるかもしれません。

■ マイク機能がある Apple AirPods Pro もおすすめです。

図解:クラブハウスの仕組み

Clubhouseの仕組みをわかりやすく表現した図解がありましたのでリンクを張っておきます。

開催者の役割

・モデレーター(Moderator)。。。主催者。ルームのMC、司会、管理人。
・スピーカー(Speaker)。。。。。ルームの会話に参加している人。
・オーディエンス(Audience)。。。聞き手、観客。会話には参加せずに会話を聞くだけの人。

※ 挙手機能とは。手をあげてモデレーターに承認されるとスピーカーなることが出来ます。

 

会話の録音は禁止されている

Clubhouseのアプリには、音声を録音する機能はありません。コメントやチャットする機能もありません。

Clubhouseの規約では、会話の録音内容のメモが禁止されていますのでリアルタイムでルームに参加して会話を聴く事になります。

「聴けるのは偶然」と「聞き逃さない偶然」が、clubhouseを特別なプラットフォームにしています。

 

はじめ方

アプリのインストール

クラブハウス

Clubhouseの始め方は、2通りあります。

1)知り合いから招待してもらう

2)アプリでアカウントを作成をして招待を待つ

いずれもアプリケーションのインストールが必要なので、まずはClubhouse(クラブハウス)を、App Storeで 入手(ダウンロード)してください。

Clubhouse(クラブハウス)は iPhone(iOS)と アンドロイド(Android)に対応しています。

PCからは アクセスできません。

 

アカウントの作成方法

1.クラブハウスアプリを開き、「Get your username」をタップします。

2.次に、携帯電話番号を入力します。

日本は「+81」から始めるので最初の「0」は入力せずに「80-1234-5678」のようにしてください。

3.携帯番号を入力すると、スマートフォンのSMS(ショートメッセージ)に認証コードが届くので、画像に認証コードを入力してください。

clubhouse

4.次に氏名を入力します。実名が基本のようです。

※ 氏名はニックネームでも可能ですが、ユーザー名は実名で登録している方が多いです。

5.次にユーザーネームを入力します。

※使用済みのユーザーネームは使えません。

※ 名前の登録は一度のみで、変更は出来ないので注意しましょう。

6.ウェイト(待ち状態)となります。

※招待されたあと、プロフィールの設定が行えるようになります。

※【Import from Twitter】をタップすると、Twitterのアカウントと連携が可能です。

 

使い方

トップ画面 と ルームの作成方法

トップ画面の使い方です。

 

クラブハウスのトップ

1)検索 ユーザーや配信を検索できます。

2)招待 登録されたユーザーをClubhouseに招待できます。

3)イベント 今後予定されている配信スケジュールです。

4)通知 お知らせを確認します

5)アカウント 自分のプロフィール等を表示します

6)その他

通知カード    自分の配信などの情報が表示されます
クラブカード   タップすると会話を聴くことができます
オンラインボタン オンライン中のユーザーを探します
Start a room    音声配信のルームを作成します

アプリ以外でルームを探す方法

アプリ以外で Clubhouse内のルームやイベントの公開情報を集約している
『イベントルーム@クラブハウス』サービスがオススメです。

注意点

1)利用規約やプライバシーポリシーがすべて英語なのでClubhouseを利用する際は注意してください。

2)利用中の会話は、参加者以外も視聴している事を忘れないようにしましょう。
  この辺が zoomとの違いです。zoomと同じ使い方をする場合は 「Social」を使いましょう。

・Open:オープン。。。すべてのユーザーが参加可能 (鍵無し)
・Social:ソーシャル。。モデレーターがフォローしているユーザーのみ参加可能
・Closed:クローズド。。選択したユーザーのみ参加可能

3)ライブなので発言の取り消しは出来ません。個人情報や機密事項をうっかり話さないようにしましょう。

4)招待枠は、2名のみです。招待する人を間違えると取り消しはできません。
  大事な招待枠を無駄に消費しないように相手の電話番号をよく確認しましょう。

 

Clubhouse(クラブハウス)あるある

Clubhouse あるあるをご紹介致します。知っておくと便利です。

1)モデレーターが寝落ちして会話が途切れる事がある。

  盛り上げ役の、モデレーターや参加者が寝落ちして会話が途切れることがあります。

2)トークがエンドレスになって寝不足が続く

  盛り上がっているRoomほど退出のタイミングを失い深夜ま、でトークが続き寝不足となります。

3)モデレーターが全員退出してRoomが消滅する

  モデレーターが全員退出するとRoomが消滅します。
  簡単に消滅しないように参加者を増やす必要があります。

4)荒しの挙手を受けてしまい収集がつかなくなる

  参加者を増やしたくて、挙手を無秩序に受け入れていると荒しに当たり運用が乱れます。

5)方針の違いから、いざこざが起きる

  Roomのルールが曖昧だと、参加者の意見の違いから言い争いとなり気まずくなります。

6)システムが落ちてせっかく育てたRoomが消滅する。

  まだ、システム全体が若干不安定なので、せっかく育てたRoomが消滅することがあります。

7)チラ見を目撃されて気まずくなる

  傍聴だけで、少し聞くだけに立ち寄ったRoomに知り合いがいて、気まずくなることがあります。

8)招待枠が増えたことに気づかず断ってしまう。

  運用を続ける招待枠が少しずつ増えます。知らずに知り合いの 招待を断ってしまうことがあります。

9)ギガを消費して携帯料金が高額となる。

  クラブハウスは、回線使い放題を見据えて運用を展開していますので、携帯料金は無制限プランが必要です。

まとめ

Clubhouse の紹介、いかがだったでしょうか。

招待されるまで待つことになりますが、いつでも本ページが閲覧できるように、よりしかったらブックマーク、シェアしてくださいね。

 

※ Clubhouseの運営会社 = 米国・サンフランシスコ州のスタートアップ企業 Alpha Exploration Co.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。