【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

【速報】YouTube全チャンネルに広告が表示される件 利用規約の更新

YouTube規約更新

ポイント

このたび、YouTube の利用規約(以下「規約」)が更新されることになりましたのでお知らせいたします。

本規約は、米国では 2020 年 11 月に更新されました。今回の変更により、YouTube へのアクセスやご利用に大きな影響はございません。

変更の概要:
顔認識の制限: 規約には、個人を特定できる可能性がある情報を許可なく収集することはできない旨がすでに記載されています。この規定は顔認識に関する情報に対しても適用されるものですが、新しい規約ではこの点をさらに明確にしています。
収益化に関する YouTube の権利: YouTube は、プラットフォーム上のすべてのコンテンツを収益化する権利を有しており、YouTube パートナー プログラムに参加していないチャンネルの動画にも広告が表示される場合があります。
ロイヤリティの支払いと源泉徴収: 収益を得る権利を持つクリエイターへの支払いは、米国の税務上の観点からロイヤリティとして扱われ、Google は法律上義務付けられる場合に源泉徴収を行います。

規約の更新内容をよくご確認いただきますよう、お願いいたします。新しい規約は、米国以外に居住の方に対しては 2021 年 6 月 1 日から適用されます。この日以降 YouTube の利用を継続することで、新しい規約に同意したことになります。なお、お子様に YouTube Kids の利用を許可される場合、お子様の代理として新しい規約に同意したことになります。

YouTube パートナー プログラムにまだ参加していないチャンネル向けの情報です。

2021 年 6 月 1 日から
YouTubeの 全チャンネルに、広告が表示されるようになるわけです。

 

収益化の条件が緩和されたわけではない

早く、広告が表示されるようになると良いですね。 

と思ったら、収益化の条件が緩和されたわけでは無いです。

広告が表示されて収益が受け取れるわけでは無いのです。

残念。  

 

Youtubeで広告収入が発生する条件

Youtubeで 広告収入が発生する条件は以下です。

広告が表示される条件事態に変更は無いわけです。

  • 直近12ヶ月の総再生時間:4000時間以上
  • チャンネル登録者数:1000人以上
  • 18歳以上であること
  • 広告掲載に適したコンテンツかどうか

この条件をクリアーできないと、広告は表示されますが収益を上げることはできません。

残念。(2回目)

条件をクリアーしていないのに広告だけは表示されて、ウザいなと思われるのは

心配です。

Googleのプラットフォームを使わせていただいているわけですから当然と言えば当然ですね。

以上です。

YouTubeの広告をブロックする方法がありますのでお試しください。

1.  有料プランに加入する

2.  広告ブロックアプリを利用する

3.  Google Chromeの拡張機能を利用する。

です。

 連動YouTubeチャンネルも広告が表示されるわけです。

YouTube全チャンネルに広告が表示される件 でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。