【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

「Android11正式版」新機能を11紹介。Pixel4a に入れてみた。

android11

米 Google が Android OSの新バージョンである「Android 11」を公開しました。

Android11 対応機種

Pixel 2以降のPixelスマートフォン、OnePlus、Xiaomi、OPPO、realme の一部の機種がアップデートの対象です。

リリースされた Android 11正式版は Pixelシリーズですでにダウンロードが可能です。

Android11の新機能をご紹介致します。

Android のバージョンを確認する方法

設定アプリを開きます。
画面下部にある [システム] → [詳細設定] → [システム アップデート] をタップします。
[Android バージョン] と [セキュリティ パッチ レベル] を確認します。

Android11 にアップデートする方法。

 アップデートは 設定の ー システム ー 詳細設定 ー システムアップデート から行えます。
 指示に従って操作すれば簡単にアップデートすることが出来ます。

所要時間は約30分でした。Pixel 4a のAndroidアップデートを実施。ファイルサイズは1.72GBでした。

「設定」アプリを開く 
システム → 詳細設定 をタップします。
システムアップデート → アップデートをチェック をタップします。
システムアップデートが実行されます。

アップデートのタイミング

Android端末をアップデートするタイミングは、端末製造元 や 携帯キャリアからアナウンスされます。

アップデートの時期は各社によあって対応が違いますので 各社のホームページで確認しましょう。

アップデート後に発生した不具合の情報もアナウンスがあるとおもいますので確認しましょう。

アップデートが予定されている端末の一部です。 (キャリア au 、SoftBank 、docomo 他 )

【Google】Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 4、Pixel 4 XL、Pixel 4a、Pixel 4a(5G)

【SONY】 Xperia 1、Xperia 5、Xperia 1 II、Xperia 10 II、Xperia 5 II

【SHARP】 AQUOS R3、AQUOS zero2、AQUOS sense3、AQUOS R5G、AQUOS sense4

【富士通】 arrows Be3、arrows 5G、arrows Be4、arrows NX9

【サムソン】Galaxy S10、Galaxy S10+、Galaxy S10+ (Olympic Games Edition)、Galaxy Note10+、Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition、Galaxy A20、Galaxy S20 5G、Galaxy S20+ 5G、Galaxy A41、Galaxy Note20 Ultra 5G、Galaxy A51 5G、Galaxy A21 (読み: Galaxy ギャラクシー )

【LG】 LG style2、LG V60 ThinQ 5G、LG style3、LG VELVET

 Android 11の「11の新機能」

Android11

進化を続ける Androidですが、アップデートを重ねるごとに新機能が追加されて利便性が向上していきます。

ピュアAndroid端末である Pixelシリーズは、アップデートへの対応が早く、新機能の恩恵をいち早く受けることができます。早速 Pixel4a にAndroid11をインストールしてみました。

「Android11の新機能」を紹介

【 11 】の新機能をご紹介致します。

① 通知の優先順位表示

メッセンジャーやSNSなどのアプリの通知を、優先的に上部に表示することができます。
大事な相手とのやり取りについて優先順位を設定できるようになりました。

② チャットをオーバーレイ表示

「バブル (Bubbles)」機能が搭載されました。
マルチタスク利用中にチャットを便利にする機能で、メッセンジャーのチャット相手に、
常に画面上にオーバーレイ表示されるアイコンから応答ができます。

③ 画面録画機能

いままで画面録画機能が標準で搭載されていませんでしたが、今回 から標準機能として画面録画
機能が搭載されました。スマートフォンの画面上の表示や音を記録することができます。
ゲームプレイの内容や、アプリの操作方法などを動画で撮影して共有できて便利になりました。
また、音声と画面上のタップ音も同時に録音できます。

④ スマートデバイス連携の管理画面

電源ボタンを長押しすると、スマートデバイス連携の管理画面が表示されます。
スマートロックや照明といったスマートデバイスを管理できる一覧画面を呼び出せるようになり
便利になりました。

⑤ 再生先のデバイスを素早く切り替える

メディアコントロール機能が改善され、再生先のデバイスを素早く切り替える事ができる
機能が搭載されました。

⑥ ワイヤレス接続をサポート

Android Autoでワイヤレス接続をサポートしました。対応した自動車では、ケーブル接続を
せずにルート検索やテキストメッセージの送信ができます。Googleアシスタントも利用可能です。

⑦ 権限設定をより細かく管理

アプリの権限付与で、「常に許可/不許可」「アプリを使っている間は許可」に加えて、
「One-time permissions」で 今回 1回のみの許可を与えることが可能になりました。
アプリの機能を使う際「常に許諾」や「使用中のみ許可」といった権限を設定していたが、
新たに「1回だけ許可」(ワンタイム)を選べるようになりました。

⑧ しばらく使っていないアプリについて、権限を自動的にリセット

しばらく使用していないアプリについては安全の観点から、通知を行いながら、権限を自動で
リセットするようになりました。

⑨ OSの更新を待たずにセキュリティーとプライバシーの修正

OSの更新を待たずにセキュリティーとプライバシーの修正が可能になりました。

⑩企業所有の端末に個人所有の端末と同じプライバシー保護

Android Enterpriseユーザーは、会社所有の端末にも、個人所有の端末と同じプライバシー保護
が採用されて安全なりました。Pixelシリーズのみの機能です。

⑪ 行動に合わせたアプリの提案

ユーザーの日々の行動に合わせたアプリの提案をホーム画面に表示するなどの
機能が追加された。

 

番外編:設定画面のアイコンのデザインと配色が変更されて見やすくなりました。

 

まとめ

新Android バージョン11の 厳選11新機能の紹介でした。

便利になったAndroid11を、ぜひスマートフォンにインストールして新機能を体験しましょう。

Android 12 の正式リリースは2021年秋頃を予定しているようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。