【2022年】Apple Watch を2万円で買う。超オススメ Series3 が 狙い目の理由、通知機能だけでも買い。

Apple Watchは2万円で買える

2万円台に 値下げされた Apple Watch を購入して、生活が超クリエイティブになったってお話です。

最新の Apple Watch Series 8 が発売される中、下位機種のApple Watch Series 3(シリーズ3)を購入するメリットをご紹介いたします。

最新のSeries8が発売されたことにより、Series 3 の併売がなくなりましたので在庫が減っています。整備品などを探すか、

第1世代のApple Watch SE (2020年発売) が狙い目です。2万円台での入手が難しくなっています。

Apple Watch Series 7 発売後も、Series 3 / SE の 販売を継続価格 据え置き。
  • 「Apple Watch Series 7」発表時点で、Apple Watch Series 3 (2017年発売)を併売。
  • 「Apple Watch Series 7」発表時点で、Apple Watch SE(2020年発売)を併売。
  • 最新モデルの「Apple Watch Series 8」の発売後も、Amazon などで Series 3 の購入が可能です。(整備品含む)

Series7と、旧モデル Series 3、SE どれがいいのか。

Apple Watch Ultra

現在、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE、そして新しいApple Watch Ultra が発売されています。

Apple Watch Series 7 発売時点では、Series 3 、Series 7 ,Series 6の廉価版 SE が発売されていました。

Series 8の価格は59,800円~ と高価ですが、Series 3 は 22,800円(税込) からと お手頃なお値段設定となっております。これから紹介する様々な便利機能が使えて 22,800円(税込) は リーズナブルでコスパが高くお得と思われます。

しかし機能には差があるので しっかりと検討をしてから購入しましょう。

Series 3 も複数のモデルがあり、購入するならどのモデルが良いのか なども解説します。

ポイント
  • 現行モデル : Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第二世代)、Apple Watch Ultra
  • 以前モデル : Apple Watch Series 7、Apple Watch SE(第一世代)、Apple Watch Series 3

Series 3 の種類

Series 3は、サイズ、外観の違いにより複数のモデルがありますので見てみましょう。

GPSモデルのみ (以前あった GPS + Cellularモデル は 販売中止)

通信機能の Cellular 対応のモデルはありません。CellularモデルはiPhoneを必要とせず単体で通信網に接続できます。Cellularモデルが欲しいという方は、上位機種のSeries7、SEを購入しましょう。

■ GPSモデル 価格 22,800円(税込)  ~
Apple Watch Series 3(GPSモデル)は、BluetoothまたはWi-Fi経由でiPhoneに接続され、テキストメッセージを送受信したり、電話に着信したり、通知っfsを受け取ることができます。

本体ケースのサイズは、38mm と 42mm

手首の太さや好みによってケースのサイズを選択しますが、本体の大きさと比例して表示画面が広くなり

使いやすくなりまので、38mm 42mm の どちらにするか悩みどころです。

手首の適応サイズはあまり変わらないので、好みの画面の大きさで決めるのもありです。

本体が一回り小さい 38mmに対して 42mmは 縦3.9mm 横3.1mm大きくなります。

手首の太さに合わせてケースサイズを選ぶ

■ケース38mm

 ・手首が130 – 200mmの方にフィットします。
 ・本体サイズは 縦:38.6 mm 横:33.3 mm 厚さ:11.4 mm
 ・ケース重量(GPSモデル):26.7 g    22,800円(税込)

■ケース42mm

 ・手首が 140 – 210mmの方にフィットします。
 ・本体サイズは 縦:42.5 mm 横:36.4 mm 厚さ:11.4 mm
 ・ケース重量(GPSモデル):32.3 g   22,800円(税込)

ケースカラーとバンドの種類

Series3は、本体カラーと、バンドが違うモデルが2種類発売されています。

わたくしの場合、本体の傷防止カバーを装着をするので、ケースの色はあまり重視していませんが、最近は透明のカバーも良いモノが出ていますので、色は完全にお好みです。

最近のカバーは、操作性も良く画面も綺麗に見えますので、傷を付けたくない方は装着しましょう。

バンドも様々な色や種類が、サードパーティから安価に購入できます。交換も簡単なので、購入時点では あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

Series3の 価格を もう一度確認しておきます。

GPSモデル  価格 38mm 22,800円(税込)、 42mm 26,800円(税込)

■シルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド

■スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

■スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド

以前発売されていた Series3の 「Nikeスポーツバンドモデル」は販売が無くなりました。

Series 3 と Series 7 の違い(概要)

今回は Series 3 が2万円台でお得だから買いだよ! って話なんですが、最新Series 7との違い整理しておかないと、後で後悔します。機能の違いをご紹介いたします。最新のSeries7は、Series6のマイナーチェンジ的な位置づけなので、Series6とSeries7の違いはほとんどあります。

価格

まずは、価格帯ですが

Series 3 は 22,800円 ~ 26,800円(税込)と 安価ですが

Series 8 は 59,800円 ~ 112,800円(税込)と高価です。

機能差をしっかり確認して納得すれば、Series 3 の価格 2万円台は とても安くお買い得です。

ディスプレイ

Series 3は、常時表示機能がないため手首を上げる操作をしないと画面が再表示されません。
Series 7は、常時ディスプレイが採用されているので画面の確認が簡単で便利です。

Series 3 はディスプレイが常時表示されていないので、腕を傾けたりボタンを操作しないと再表示されません。

アクションが必要ですが、実用上はあまり問題はなりません。


ディスプレイのサイズですが Series 7は、Series3に比べて 約2mm大きくなりました。

まとめます。

Series 3 と Series 7 の違い(概要)

 Series 7Series 3
種類常時表示Retinaディスプレイ
常時ディスプレイが点灯され時間や大切な情報をいつでも確認できます。画面サイズがSeries 3より50パーセント以上大きくなっています。
Retinaディスプレイ
手首を上げるだけで、瞬時にディスプレイの表示がオンになります。
サイズ396 x 484ピクセル ケースは 41mm と 45mm312 x 390ピクセル ケースは38mm と 42mm
発売日発売日:2021年10月15日発売日:2017年 9月22日
Series 7は Series 3より厚さが11パーセント薄いです。

素材と仕上げ

Series 7 は様々な素材のモデルが用意されていますが、Series 3はアルミのみです。

このあと紹介しますが、傷防止のカバー装着を推奨しています。本体が隠れてしまうので色や素材の違いは、あまりきになりませんので、Series 3のアルミニウムでも十分だと思います。

 Series 6Series 3
素材アルミニウム
ステンレススチール
チタニウム
アルミニウム

緊急時の通報機能

緊急時の通報機能にも差がありますので確認しましょう。

Series3を購入するときは緊急通報機能がほとんど無いので割り切りましょう。

 Series 7Series 3
機能緊急SOS
転倒検出
海外における緊急通報
緊急SOS
Series 5から 転倒検出機能が追加になりました。

その他 Series7との違い

Bluetooth のバージョンが Series6の時から5.0になっており、iPhoneとの通信スピードが向上しています。

スピーカーの音が大きくなったり、頭脳チップの性能や容量が増加しました。

Series 7 は おしゃれな文字盤がさらに増えています。

気になる大きな機能差はなりません。

Series 3 と Series 7 の違い まとめ

Series 3 と Series 7 の違いは、簡単に言うと「見た目」 と 「価格」になります。

Series 3は 2万円台でコスパは最強です。最新の機能や見た目にこだわりがないのであれば、Series 3でも十分購入する価値があります。

次の項では、最大の利点でもある「通知機能」について解説します。

ネットショップでApple Watchが購入できます。

 

2万円台のApple Watch Series 3 GPSモデルで何ができるのか、便利な機能を一挙公開

iPhoneと連携することでSeries 3 GPSモデルでも 便利な機能を利用する事が可能になります。

Apple Watch Series 3を利用するには、iOS 13以降を搭載したiPhone 6s以降のiPhone本体が必要です。

Apple Watch を所有することにより 超便利な機能が使えるようになり生活が豊かになります。

通知機能

iPhoneを取り出さずに通知を Apple Watch で確認できます。

LINEの通知

LINE

iPhoneのLINEアプリとApple WatchのLINEアプリを連携することにより、通知やトークの内容を

Apple Watchで確認することが出来ます。返信も定型文から選択して送信することも可能です。

スマートフォンのバイブは弱いため、マナーモードなどに通知を見過ごしてしまうことがありますが、Apple Watchの通知は腕に響くので、見逃すことも少なく これはマジで便利です。

電話の通知

iPhoneに電話がかかってくるとApple Watchにも通知が表示されます。

Apple Watchで電話に出ることも出来ますが、相手の声がスピーカーから漏れて聞こえてしまうので、Apple Watchに通知が来たら、着信はiPhoneで行うのがおすすめです。もちろんApple Watchから電話をかけることもできます。

電子メールの受信

iPhoneのメールアプリで設定したアカウントの電子メールをApple Watchで受信できます。添付ファイルが閲覧できないなど機能に制限がありガッツリ仕事は出来ませんが、内容を事前に確認することが出来ますので返信効率が向上します。

電子決済機能

交通系電子マネー 「Suicaスイカ」の決済に使える

Suicaアプリを導入することにより Apple Watchを使って改札を通過したり、買い物ができます。

利用時はアプリの起動が不要なので iPhone を取り出すことはせずに Apple Watch だけを FeliCaに かざすだけで電子決済ができて便利です。東京ディズニーランドではSuicaが使えるのでApple Watchの決済が便利です。

2枚のSuicaを使う裏技

一枚の Suicaカードを iPhone と Apple Watchで 同時に使用できない仕様なので、片方の登録を外してから登録を移動して利用する方法が不便です。ただし、これは一枚のカードしかない場合です。裏技では2枚Suicaカードを用意します。

一枚の決済カードを利用している iPhoneのSuicaに、モバイル上でもう一枚Suicaを登録することができます。追加した もう一枚のSuicaをApple Watch専用にすることにより、iPhoneとApple Watchで同時にSuicaが使えるようになります。

操作方法

iPhoneの Suicaアプリを起動して、カードの右上にある+ボタンを押すとカードをもう一枚追加することが出来ます。Suicaカードはモバイルsuica上で何枚も作成することが出来るので、2枚作成して一枚をiPhone専用に、もう一枚をApple Watchで使えば、2枚のSuicaカードを同時利用出来るようになり、非常に便利なので使ってみてください。

登録した2枚のSuicaをiPhone上でスライドして残高等を確認できます。

Suica

PayPay (ペイペイ)

PayPayの QRコード・バーコード決済が利用可能です。

画面にバーコードを表示して支払いの際にApple Watchの画面を提示して PayPay が決済が行なえます。

注 意

お店の支払い方法によって注意が必要です。QRコードを見せる(お店が読み取る)支払い方法には対応していますが、お店のQRコードを自分で読み取る支払い方法には対応していませんのでご注意ください。

Apple Pay

iPhoneに登録した決済カードによるApple Payの決済が可能です。

基本機能 時計機能、健康を管理する機能

時計

当たり前ですが、時刻や日付を確認できます。

バンドや文字盤を気分に合わせてカスタマイズできる、おしゃれな時計となります。時計の文字盤に天気予報などの様々な機能が追加できます。

フィットネス

アクティビティ機能で一日の活動量をモニターしてくれます。

デスクワークで椅子に座りっぱなしの業務は血行が悪くなり健康には良くないんですが、Apple Watchは長時間座っている事を検出して、立ち上がるように注意してくれます。

睡眠や呼吸などの健康管理もできます。ライフログ情報が健康管理に役立ちます。

その他

iPhoneを探す

近くに置き忘れた iPhoneを探す事ができます。

MacBookのロックを解除

MacBookのロックを解除することが出来ます。

トランシーバー機能

Apple Watch同士で通話することが可能です。

「Hey Siri」(ヘイシリ)

「Hey Siri」音楽をかけて = 音楽が再生されます。

〇〇まで行く道順を教えて。= 地図アプリが起動します。

手首付近で声の操作が出来るので iPhone の「Siri」よりフットワークがいいです。

バンド、文字盤を変えておしゃれを演出

バンドや文字盤を変えておしゃれを演出できます。

バンドですが、様々な色、種類のバンドがサードパーティから発売されていますのでまずは何本か購入して、その日の気分に合わせて変更してみるのもいいでしょう。

Series3のケースサイズ 38mm、42mmと他のSeriesと異なりますので購入時は注意しましょう。

本体の傷防止ですが、時計なので どこかにぶつける機会が多いので、本体にカバーを装着することをおすすめいたします。

合わせて読みたい記事

アップル製品Apple Watch【タイプ別】おすすめバンド選び TPOでおしゃれに使い分ける。

バッテリー持ち

バッテリーの持ちですが、通常の使い方であれば、どんなに使っても一日でなくなることはほぼ無いです。

時計機能だけであれば3日間ほど充電しなくても利用可能です。

睡眠時のモニター機能もあるApple Watchは、24時間使い続けたくなります。ヘビーユーザーは、充電時間が無いので、入浴時に充電しているようです。

Apple Watch Series 3 のGPSモデルを購入して 生活がクリエィティブになった件

 生活を変えてくれる機能

通知機能、電子決済機能、緊急時の通報機能、健康モニター機能、その他

様々なバンドや文字盤を気分によって変えたり、便利な通知機能を使ったりとApple Watchのおかげで生活が変わりました。

Apple Watchには、紹介しきれないほどの多くの機能があって、とても奥深いアイテムです。

こんなに便利で多機能な Apple Watch Series 3 が、2万円台で購入できます。

是非、超おすすめのApple Watch Series3 を購入して生活を豊かにしましょう。

Apple Watch UltraApple Watch 買ってから 追加で購入すると便利な、おすすめアイテム。バンド、スタンド、アクセサリー。

Amazonの Appleストアー へ