【2021年】Apple Watch を2万円で買う。超オススメ Series3

Apple Watch

2万円台に値下げされた Apple Watch を購入して、生活が超クリエイティブに
なったってお話です。

Apple Watch Series 3(シリーズ3)の魅力は?  何ができるのか?

最新シリーズと どっちがお得?

詳しく解説します。

 

Series 3、Series6、SE どれがいいのか。

現在、Apple Watch は Series 3 と Series 6 ,SE の3種類が発売されています。

Series 6の価格は42,800円~ と高価ですが、Series 3 は 19,800円~ とリーズナブルで

コスパがいいです。 これから紹介する様々な便利機能が使えて 19,800円 は お得です。

いまSeries 3 を購入するなら、どのモデルが良いのか。

 

Series 3 の種類

通信方法 や サイズ、外観の違いがありますので見てみましょう。

GPSモデルのみ (以前あった GPS + Cellularモデル は 販売中止)

通信方法は GPSモデルがあります。

■ GPSモデル 19,800円 ~
Apple Watch Series 3(GPSモデル)はBluetoothまたはWi-Fi経由でiPhoneに接続され、テキストメッセージを送受信したり、電話に着信したり、通知を受け取ることが
できます。

 

ケースのサイズは、38mm と 42mm

手首の太さによって選択しますが、本体の大きさと比例して表示画面が広くなり

使いやすくなりまので、どれにするか悩みどころです。

手首の適応サイズはあまり変わらないので、画面の大きさで決めるのもありです。

本体サイズは 38mmの大きさに対して 42mmは 縦3.9mm 横3.1大きくなります。

■38mm バンドは手首が130-200mmの方にフィットします。
 本体サイズは 縦:38.6 mm 横:33.3 mm 厚さ:11.4 mm
 ケース重量(GPSモデル):26.7 g   価格 19,800円(税別)

■42mm バンドは手首が140-210mmの方にフィットします。
 本体サイズは 縦:42.5 mm 横:36.4 mm 厚さ:11.4 mm
 ケース重量(GPSモデル):32.3 g   価格 22,800円(税別)

 

ケースとバンドの種類

本体の色や、バンドが違うモデルが2種類発売されています。

本体の傷防止のためカバー装着を推奨しますのでケースの色は隠れてしまいますので

色は好みです。

バンドも様々な色や種類が、サードパーティから安価に購入できて交換も簡単なので

購入後に変更して楽しめますので、あまり気にしなくて大丈夫と思います。

■シルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド

■スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

■スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド

GPSモデル     価格 38mm 19,800円(税別)、42mm 22,800円(税別)

※ GPS + Cellularモデルで携帯電話サービスを利用するには、通信サービスプランへの
加入が必要です。Apple WatchとiPhoneのサービスプロバイダが同一であることが
必要です。

Series 3 と Series 6 の違い(概要)

今回は Series 3 が良いから買いだよって話なんですが、最新のSeries 6との違いを

整理しておかないと、後で後悔するので概要をご紹介しておきますね。

価格帯ですが

Series 3 は 19,800円 ~ 33,800円(税別)と安価なのに対して

Series 6 は 42,800円 ~ 177,800円(税別)となっています。

ディスプレイ

Series 3は、常時表示機能がないため手首を上げる操作をしないと画面表示されません。
Series 6は、常時ディスプレイが表示されているので画面の確認が簡単で便利です。
Series 6は、ディスプレイが約2mm大きくなりました。

Series 3 は常時表示できませんが、腕を傾けたりボタンを操作すれば表示されるので
実用的にはあまり問題にはなりません

 Series 6Series 3
種類常時表示Retinaディスプレイ
常時ディスプレイが点灯され時間や大切な情報をいつでも確認できます。画面サイズがSeries 3より30パーセント以上大きくなっています。
Retinaディスプレイ
手首を上げるだけで、瞬時にディスプレイの表示がオンになります。
サイズ368 x 448ピクセル ケース 40mm と 44mm312 x 390ピクセル ケース38mm と 42mm

素材と仕上げ

Series 6 は様々な素材のモデルが用意されていますが、Series 3はアルミのみです。

後ほど紹介しますが、傷防止のカバーの装着を推奨しますので、本体が隠れて

しまうので色や素材の違いは、あまり関係ない感じもしますのでSeries 3

アルミニウムでも十分とおもいます。

 Series 6Series 3
素材アルミニウム
ステンレススチール
セラミック
チタニウム
アルミニウム
Series 5は Series 3より厚さが11パーセント薄いです。

安全 と 緊急時の機能

 Series 6Series 3
機能緊急SOS
転倒検出
海外における緊急通報
緊急SOS
Series 5は 転倒検出機能が追加になりました。

その他の違い

Bluetooth のバージョンが 5.0になってiPhoneとの通信スピードが向上しました。

スピーカーの音が大きくなったり、チップの性能や容量が増加しました。

Series 6 は おしゃれな文字盤も増えています。

まとめ

Series 3 と Series 6 の大きな違いは、簡単に言うと「見た目」 と 「価格」になります。

Series 3は 2万円台でコスパは最強です。最新の機能や見た目にこだわりがないので

あれば、Series 3でも十分購入する価値があります。Series 3に慣れて

今後発売される 新 Apple Watch Series 7 に乗り換えるのも良いかもしれません。

 

 

2万円台のApple Watch Series 3 GPSモデルで
何ができるのか、便利な機能を一挙公開

2万円台のApple Watch Series 3 GPSモデルで何ができるのか、ご紹介いたします。

iPhoneと連携することでSeries 3 GPSモデルでも 便利な機能を利用する事が可能です。

Apple Watch Series 3を利用するには、iOS 13以降を搭載したiPhone 6s以降が必要です。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です