【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

【無料】FlexClipビデオメーカーの実力 多彩なテンプレートでオンライン完結。

編集画面

今回は無料で始められる、動画編集プラットフォーム FlexClip(フレックス クリック)の
学びです。

FlexClipは、初心者でも簡単に動画が作成できるオンラインビデオメーカーです。

※ FlexClipは PearlMountain(パールマウンテン)社の製品です。

FlexClipの特徴

FlexClipの主な特徴は下記の 3点 です。

① オンラインで動画の編集ができる。(ネットで完結)

② 動画素材や、テキストアニメーションなどが多数用意されている。

③ テンプレートを使えば、おしゃれでセンスのある動画を作成、編集することができる。

 素材を選び、加工して出力する動画作成の全ての流れが、オンライン化されているのが

 FlexClipの最大の特徴です。

 多彩な編集機能も実装されており、動作もサクサクで快適なので、簡単に動画投稿用の

 動画を作ることができるので、おすすめです。

 

FlexClip の 重要ポイント

無料で編集できます。
まずは始めたい方、機能やビジュアルエフェクトが満載で無料で使えます。

テンプレートが使えます。
1,000種類以上のきれいなテンプレートが用意されているのですぐに始められます。

編集加工機能が充実
アニメーションテキスト、ウィジェット、ダイナミックオーバーレイ、イントロ/アウトロなどを
動画に追加することが出来ます。

ストックメディアが豊富
1,000,000以上のストックビデオアセットが用意されています。ロイヤリティフリーの
動画、音楽、写真が使えます。

 

まずはアカウントの登録

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-19-800x1073.png

「サインアップ・無料」からアカウントの登録を行います。

登録は Facebook、Googleのアカウントまたは電子メールで

作成することが出来ます。

■動作環境
FlexClipはWEBブラウザのGoogle Chrome上で動作します。

インストールの必要はありません。

※スマートフォン用のGoogle Chromeでは利用できません。

言語変更はアカウントのLanguageから日本語に変更します。

動画を作成する2つの方法

動画を作成する方法は、テンプレートから作成する方法と動画素材を用意して一から作成する

方法があります。センスのあるテンプレートが多いので、まずはテンプレートから作成を

初めて、その後で自分の素材を追加すると、いい感じの動画が作成できます。

 

簡単、テンプレートから動画作成

数多くのテンプレートが用意されていますので、様々なプロモーション用途や利用シーンに

合わせて利用できます。

作成手順

テンプレートで動画を作成してみましょう。

1)「テンプレートで作成」を選択します。

2)マウスカーソルをテンプレートの上に移動させると、動画が自動的に再生されるので

 内容を簡単に確認できます。利用したいテンプレートの「カスタマイズ」ボタンを押します。

3)動画編集画面が表示されます。

様々な編集機能が用意されています。
ここでは、最後の工程、動画の書き出しを確認してみましょう。

4)右上の「エクスポート→」ボタンを押します。

5)解像度を選択して「次」を押します。※ 無料版は480Pでしか出力できません。

6)動画にイントロ ( 動画の名称とクリエイター名 ) を追加します。

  設定したら「エクスポート」ボタンを押してファイルを書き出しします。

 

動画ファイルの完成

完成した動画ファイルをYouTubeにアップロードしてみました。

以上が、動画作成の一連の流れです。

FlexClip は、Web上に用意されたテンプレートで簡単に動画が作成することが分かります。

では、動画編集機能を見ていきましょう。

 

編集機能

左にある動画編集メニュー①を選択すると、設定メニューが②に表示されます。

③で画面全体の編集を行い、レビュー画面とタイムラインで画像を確認します。

 

編集メニューを選択できます。メディアや音楽を追加したり、テキストや部品を追加して
  映像効果を高めることが出来ます。

編集メニューを選択することにより、編集詳細メニューが表示されます。

動画を回転したりフィルターをかけることが出来ます。

動画編集メニュー①の内容を見ていきましょう。

 

メディアを追加

ストックメディア
web上にストックされている動画素材を
呼び出すことが出来ます。

ローカルファイル
ローカルに保存してある動画ファイルを
呼び出すことが出来ます。

収録
画面収録や録画素材を追加することが
出来ます。

テキストの追加

アニメーション付きのテキスト枠を動画に

追加できます。

お好みのダイナミックテキストをダブルクリック

または、動画にドラッグすると追加できます。

テキストをクリックすると編集げきるように

なります。

カバー効果の追加

アニメーション付きの装飾効果を追加できます。

素子(部品)の追加

素子(部品)を動画に追加できます。

数え切れないほどの部品が登録されていますので

キーワードで検索して、マウスでドラッグして

動画に追加しましょう。

背景の追加

背景に印象的な動画を追加できます。

下部にあるタイムラインの「+」ボタンから

「背景を追加」を押すことで、同じように

背景素材を取り込むことができます。

音楽の追加

音楽を動画に追加できます。

ストックミュージックから音楽素材や効果音を

選んで動画にミキシングできます。

透かし(テキストと画像)の追加

テキストや画像を透かしとして動画に
合成できます。

無料版は透かしを入れると、動画の冒頭にFlexClipのイントロを追加しなければ
保存できなくなります。

保存時の解像度選択時に
「またはFlexClipタイトル付きのビデオを無料でエキスポート」が表示されるので
クリックして先に進めます。

画面比率の変更

 

画面比率を変更することができます。

動画編集後に画面比率を変更すると
レイアウトが乱れて修正が大変になるので
動画編集前に、出力したい画面比を
選んでから、編集を開始しましょう。

オリジナルを5分で編集した動画(テキストを編集、背景を追加して最後フェイドアウトさせた)

 

無料版と有料版の違い プラン別の機能と価格

月間プラン の価格と機能です。

年間プラン(月払い)の価格と機能です。 最大50%オフ (月間プラン比)

無料プランでは、解像度480Pでしか出力できませんので、よりクオリティーの高い動画を

出力するためには有料プランの検討が必要です。

有料プランの「プラスプラン」は、年間プラン(月払い)で、日本円にして、約850円/月です。

 

まとめ

やはり、FlexClipの最大の特徴は、オンラインで動画の編集が完結できるところでしょう。

動画素材や、テキストアニメーションも豊富で、テンプレートを使えば、おしゃれでセンスのある

動画をサクッと作成することができるので快適です。

FlexClip で編集した動画

 

※ 最後に、YouTube で紹介されている FlexClip の動画を紹介します。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。