バレンタイン特集Amazon

インスタ・Facebookを運営するMeta社が『Threads(スレッズ)』テキストベースで会話ができるアプリをリリース!Twitter対抗

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
メタのThreads(スレッズ)
  • URLをコピーしました!
目次

Threads(スレッズ)とは

インスタ・Facebookを運営するMeta社が、2023年7月6日に『Threads(スレッズ)』という、テキストベースで会話ができるアプリをリリースしました。

リリースから1日経たずで 登録者3000万人を超えるなど注目を集めています。

Threads(スレッズ)は、Twitter(ツイッター)に似た機能を備えたSNSです。サービスの変更が相次ぐTwitterからの移行先として注目をあつめています。公式アカウントを開設する日本企業も増えています。

アプリケーションは、iOS版 と Android版がリリースされており、PCからの投稿はまだ行えません。

Threads(スレッズ)QRコード

アプリダウンロード用QRコード

Instagramのアカウントを使用

Threadsのアプリケーションを導入するとInstagramのアカウントを利用するように促されます。

新規アカウント作成は現在のところ利用できません。

Instagramは世界で月間アクティブユーザーが10億と多くのユーザーを抱えており、このユーザーがThreadsのサービス利用することで爆発的に普及する可能があります。

インスグラムのアカウントを利用することで導入へのハードルも低いと思われます。

Threads(スレッズ)の特徴

Threads(スレッズ)の特徴をまとめます

特徴

・最大で10枚の画像を投稿できる。
・プロフィールには1つのリンクを貼ることができる。
・URLの投稿が可能。
・最大500文字の全角テキストを投稿できる。

最大の特徴は投稿できる文字数です。Twitterの140文字に対して最大500文字の全角テキストを投稿できます。ツイッターのように表示文字数も制限されず、タイムライン上でもそのまま表示されます。

ハッシュタグ「#」を入れましたが使えないようです。

メンションは利用できました。

アカウントの切り替えは、ログアウトすることが必要です。

複数のIDを使うことができます。

まとめ

Threads(スレッズ)の情報をこれからも入手してみます。

目次