【速報】iPhone13 と Apple Watch Series 7 発売、進化した iPad mini(2021イベント内容)

【速報】iPhone13 と Apple Watch Series 7 発売、進化した iPad mini(2021イベント内容)

 Apple Event 2021 開催 !

Appleの 特別なイベントは、日本時間の 2021年 9月15日午前2時に開催されました。

このイベントで登場した、3つの 新しいデバイスについて解説いたします。

  Apple Watch Series 7

【速報】Apple Watch Series7 注文は10月8日 午後9時から開始
2021年10月15日発売 !

今回は、在庫が少ないようで、今購入しても納期がかなり時間がかかります。

Amazonには まだ少し在庫があるようです。

Apple Watch Series 7 の変化は少なかった。

今回の Apple watch Series7 は ディスプレイの変更が最大の特徴です。

Apple Watch Series 7  新しいデイスプレーの特徴。

縁の部分を40%削減。
スクリーンの領域が Series 6から約20%、Series 3から50%以上 拡大。
常時表示 Retinaディスプレイが より明るくなった。

画面が少し大きくなって、ベゼルが狭くなったので、画面作業領域が拡大しました。

本体デザインの大きな変更点はありませんでした。( 噂のエッジが立った形状ではなかったです )

充電時間が更に短くなり、8分間の充電で睡眠トラッキングが8時間動作するようになりました。

身につけている時間が長く、充電する機会があまり無いという方には朗報です。

その他の変更点

WatchOSが バージョン8となり、自転車に乗っていることを自動的に 検知する機能が追加されました。

また、常時表示が 70%明るくなりました。

Apple Watchの 充電器が USB-C 対応になりました。

併売は、Series3、SE 、Series7 の3シリーズとなりました。

発売モデルは Series3 と SE 、新しい Series7 の 3シリーズとなりました。

新しい Apple Watch Series 7は、変化の少ないバージョンアップとなりましたが、新しく Apple Watch を購入した方や 現在、Series4~5を利用している方は、購入を検討してもいいかもしれません。

関連=おすすめの記事

Apple Watchは2万円で買える【2022年】Apple Watch を2万円で買う。超オススメ Series3 が 狙い目の理由、通知機能だけでも買い。SEのすすめApple Watch SE のススメ。Series6との違い。SEは買い

  iPhone 13

iPhone 13 は どう変わったのか。

モデルは 全部で4種類、 iPhone 13 、 iPhone 13 Pro、 iPhone 13 mini、 iPhone 13 MAX です。

外観の変更点は、ノッチが 少し小さくなり、カメラユニットが大きくなった点です。

OSは、iOS15を搭載して カラーは 5色 展開。 A15チップ搭載して 充電ケーブルは Lightningケーブルは継承しています。バッテリー駆動時間は、約1.5時間 延びました。

ディスプレイのリフレッシュレート が ついに 120Hz となり ゲームなどの体感性が向上します。

リフレッシュレートは、必要に応じて最適なレートに自動的に変更され、バッテリーが節電されます。

カメラ性能

iPhone13のカメラ性能は向上しました。

わずか2センチの距離でもピントを合わせることが出来る、マクロ写真撮影機能が搭載されました。しかも写真だけでなくマイクロビデオ撮影にも対応しています。

注目は、シネマティックモードです。

シネマティックモード は、すべてが自動で動作します。

シネマティックモードは、目立つ被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測して、フレームに入った瞬間にフォーカスを合わせて、一段とクリエイティブな撮影が実現できます。

撮影後からでもフォーカスを変えたり、ボケ効果のレベルを調整する事が出来ます。

ナイトモードが望遠にも対応しました。

カラーバリエーション

カラーは、グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー の 4種類です。

iPhone13 のカラーはこちらです。

※ 防水性能: IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

  iPad は 2種類

新 iPod mini コレはいいです。

・新しい iPad mini が発売されました。

Touch ID が上部に配置されました。 USB-C に対応 しました(驚)。 Cellular モデルは 5G通信 に対応しました。 価格は 499ドル となります。

Apple Pencil(第2世代)にも対応、取りつけはマグネットで、充電はワイヤレスです。

ディスプレは、8.3インチのLiquid Retina ディスプレイを 搭載しています。

カラーバリエーションは4色展開。 横向きの新しいステレオスピーカーを搭載しています。

セルラーモデルは5G通信対応で、Wi-Fi は Wi-Fi 6に対応しています。

万能な USB-Cポート搭載。接続にも充電にも使えます。

アクセサリをつなげば、作曲やビジネスなどで、できることが広がります。

全 iPad シリーズは、こんな感じなりました。

無印の iPad

新しい無印の iPad も発売。ディスプレーは10.2インチ、チップはA13です。

Apple TV+

新しい番組の配信が開始されました。

iOS15

トピックス:

SharePlay 機能登場
FaceTimeで話しながら、通話相手とテレビ番組や映画を観たり、一緒に音楽を聴いたりすることができます。

iOS 15で利用できる新機能はこちらです。

合わせて読みたい関連記事 

AppleWatch緊急通報Apple Watch Series 8 の緊急通報が あなたを救うかも 設定方法と健康管理機能も全部紹介
 イベントまとめ


若干デバイスの変化が少ないイベントでしたが、 USB-C 対応の iPad mini は注目です。