【速報】Amazonで 新 iPad mini 予約開始!発売日 9月24日

Appleシリコン M1チップを学んでみた。M1搭載のMac 3機種発売!

M1チップ

Apple シリコンとは

M1チップは、アップル社が独自に開発したチップの名称です。

今まで自社製ではかったPCの頭脳を、Appleが 開発してMac専用として 製品に投入しました。

Macに M1チップを搭載したことにより性能が 飛躍的に向上したといわれています。

この Apple製 高性能コアは、省電力のシリコンとしては世界最速のCPUコアだそうです。

 

驚異の集積技術が、次世代のPC環境を牽引していくと考えられています。

単体のApple製チップでは 最多の160億個のトランジスタが入っているそうです。

160億(オク)個 ですよ。。。

歴史をひもとくと、世界初のCPUが完成したのが 1971年12月  約50年前です。

Intel社製で 名称は 4004 でした。

当時、集積されたトランジスタの数は 2300個 でした。

この50年間の間に、個数ベースで 700万倍 に増加したことになります。

 

巷では「M1がベンチマークで最高速をたたき出した」とか「M1に高負荷をかけても全然熱くならない」とか

M1チップの凄さを紹介する 記事 や 動画 があふれています。

Appleシリコンの事を学んでいくうちに、革命が起きつつあることを実感しました。

 

M1チップの凄いところ

M1チップは、新macOS である Big Surと連係して威力を発揮するように設計されています。

発熱を抑え、バッテリーの持ちを極限まで追求して、次世代PCのあり方を変えようとしています。

高性能を実現するために、1枚のチップに様々な機能を集約する システムオンチップにしました。

いままでのチップは、プロセッサ、I/O、セキュリティ、メモリなど、個々にチップを用意して

いましたが、M1チップは、それらの機能を一枚に集約したわけです。

オンチップにより、データの書き出しや、やり取りが最適化されました。

 

M1トップの回路の細かさも半端ないです。 5ナノメートルプロセスだそうです。

世界トップクラスの 5ナノメートルですが、次世代チップは 4ナノメートル だと聞いて

さらに驚きです。

 

高性能のM1チップを自社で設計、製造することが Appleにとって悲願だったのでは

ないでしょうか。

自社のチップに最適化されたアプリを提供する事は、最高のPC環境を価格を抑えて

提供することがでいます。

他社製のチップに依存していたのでは、改革を起こすことが出来ないと判断したのでしょう。

 

Boot Camp が使えなくなる?

Boot Camp は Mac に付属しているユーティリティです。

Boot Camp を使えば、1台マックで macOS と Windows を切り替えて使うことが出来ます。

インテル製のチップを搭載している機種では、Mac Book で Windows 10 が使えて

便利だったのですが、M1チップを搭載した機種では Boot Campが使えなくなるそうです。

なぜなら Boot Campは Intel ベースの Mac でのみ動作保証されているからです。

コレはかなりの痛手ですね。

今後、アップデートを重ねて M1チップ上で Windows が動くことも考えられますが。。。

完全にM1チップ化した場合の対策としては、Windows用のPCを別途購入するか、インテル版の

Macを 買い置き するしかないでしょうか。

“]

M1チップ搭載の Macは 3機種

最初にM1チップを搭載したのは MacBook Air、MacBook Pro、Mac mini です。

外見は従来モデルと同じですが、 M1チップを搭載したことで 高速処理、省エネ、発熱量が少ない

などの特徴があり、いままでとは違うPCに仕上がっています。

メインメモリーの構成が 8GB と 16GB のみで、チョット容量が少ないかなとの
印象ですが、実は チップの最適化により、メモリーの容量は 8GBでも快適に 動作するそうです。

価格も 104,800円(税別)~ とても お求めやすくなっているのも魅力です。

 

まとめ

知れば知るほど M1チップの 凄さがわかりました。

この流れは、まだ始まったばかりだと思っています。これから、さらに進化を続けることでしょう。

今後は、MacBook Pro 16インチなどへの 搭載が進むと思いますので、楽しみです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。