5G対応スマホは買いか?まだ狭いエリア、端末選びは、使い放題は目前。

5G

5Gに対応したスマートフォンの機種が増えてきましたが、いま買いなのでしょうか?

そろそろ機種変更をお考えの方は、5G対応の機種にしようか迷っておられると思います。

各キャリアが提供する5Gエリアを見てみると、まだ人口が密集している都会にサービスエリアが限られています。

これから5Gのエリアは充実していきますが、現時点で5G端末を買うのはメリットがあるのでしょうか?

買って損をしないように、スペックのこと、今後の展開、各社の状況を調べてみました。

 

5Gとは < 5th Generation >

5Gとは 第5世代移動通信システムのことです。従来の4Gと比べ通信スピードが速く、高速大容量で、ほとんど遅延なく、多くの機器との通信が可能です。

高速大容量になることで、いままでダウンロードに時間のかかっていた高解像度の映画などをストレスなく高速にダンロードして楽しむことができます。

5G端末を選ぶ上で大事なこと。

「5G対応」のスマートフォンは 買いなのでしょうか?

5G端末の仕様を読み解く用語について解説します。

 

5Gは2種類 「sub6」と「sub6+ミリ波」

5Gの規格には大きく分けて2つの種類があります。「 sub6 (サブシックス)」と「ミリ波」です。

現在発売されている5G対応スマートフォンには、「Sub 6だけに対応するスマホ」と「ミリ波とSub 6の両対応するスマホ」があります。

「Sub6」の接続電波は、6GHz未満の低い周波数帯を使用します。4G周波数の延長として利用でき、エリアを
広くカバーするのに適しています。

国内では「4.5GHz帯」と「3.7GHz帯」が割り当てられています。

「ミリ波」の接続電波は、30GHz〜300GHz帯を使用します。「Sub 6」に比べて周波数が高いです。
電波は周波数が高いほど直進しやすく、障害物に弱いです。

降雨時は電波が減衰したりと、広いエリアをカバーするには向きません。
ただし一度にたくさんの端末を接続できるメリットがあり、都心部など、混雑エリアをスポット的に
カバーする用途に向きます。

ミリ波が、本来の大容量、高速通信の5Gのイメージに近い感じがしますが、現在発売されている
端末は「Sub6」のみ対応が主流です。

まとめ

5Gの規格には2つの種類がある。

「sub6 (サブシックス) 」は、エリアを広くカバーできるので4G周波数の延長とし最初に普及する。

「ミリ波」は一度にたくさんの端末を接続できる混雑エリアをスポット的にカバーできるメリットがあり

今後の本命。 最初は「Sub6」を中心に5Gエリアを構築、 徐々に「ミリ波」 が普及する思われます。

狙いは目は「sub6+ミリ波」対応機種。

今後、あたらしい端末を購入するなら ミリ波 と sub6 の両方に対応した機種がオススメです。

ただし、端末を変更するサイクルが短い方が多いので、ミリ波エリアの恩恵を受けられない方は、sub6のみ対応の機種でも問題はありません。

サムスンの「Galaxy S20+」や「Galaxy S20 Ultra」や ソニーモバイルの「Xperia PRO」などは両方に対応しています。

iPhone12、iPhone13シリーズの国内モデルは、sub‑6のみ対応でミリ波には対応していません。

 

ミリ波でガンガン高速5Gを全国で利用は、まだまだ先の話

ミリ波対応の端末を購入してガンガン高速5Gを、全国で利用するのは、まだまだ先のように感じます。

5G対応の端末はまだ高価なので、5Gエリアの恩恵を受けられない方は一旦様子見といった感じでしょうか。

 

キャリア別 5G対応 端末 オンラインショップ

SoftBank 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクは機種変更や新規購入の手続きがオンラインショップで出来ます。

来店の 予約もこちらからできます。

SoftBankの 5G対応エリア はこちらから確認できます。対象エリアが限られますのでご確認の上ご契約ください。

■SoftBankの主要端末は、全て5G対応になってきています。

iPhone13、Pixelシリーズ

AQUOS R5G ZTE Axon 10 Pro 5G LG V60 ThinQ 5G OPPO Reno3 5G

NTTドコモ 5G

docomo Online Shop で新規、機種変更の手続きが出来ます。 電話によるサポートもあります。

通信エリア  5Gサービスは一部エリアに限ります。

■主な対応端末

arrows 5G F-51A Galaxy S20+ 5G SC-52A Wi-Fi STATION SH-52A

Galaxy S20 5G SC-51A AQUOS R5G SH-51A

Xperia 1 II SO-51A LG V60 ThinQ 5G L-51A

au KDDI・沖縄セルラー電話

au Online Shop で契約が出来ます。

au サービスエリアマップ   5Gの対象エリアを十分にご確認の上、ご契約ください。

■主な対応端末

Galaxy S20+ 5G BTS Edition SCG02 Galaxy S20 Ultra 5G SCG03 Galaxy S20 5G SCG01

AQUOS R5G SHG01

楽天モバイル

楽天モバイル もオンラインストアで機種変更などの契約が出来ます。

楽天モバイルの 通信・エリア はこちらです。

■主な対応端末 AQUOS R5G  その他

【Y!mobile】ワイモバイル

【Y!mobile】ワイモバイル もオンラインストアからお申し込みが出来ます。

ワイモバイルオンラインストア

ローカル5G

ローカル5Gとは、日本国内で通信事業者だけでなく、様々な組織が5Gを利用可能となる
規格です。


新料金プランデータ容量無制限の陣! 【2021年勃発】携帯3社の料金プラン比較