きっと見つかる iPhone13アクセサリーの買い方 資産価値を下げない

iPhone12比較

みなさん、こんにちは。iPhone は 魅力のある端末なので、購入を検討されている方も

多いのではないでしょうか。(もう使ってるって。。。)

iPhoneは資産価値が高いので、きれいに使えば意外と高値で買い取ってもらえます。

まぁ道具なので、あまり気にせず、どんどん使えばいいですが、iPhoneを保護する、カバーや

フィルムは、購入したらすぐに装着して傷をつけずに使えば、高値で買い取ってもらえる可能性が

高くなります。

今回は上手に保護して 傷ゼロを目指すことができるアイテム を ご紹介いたします。

選ぶ保護アイテムは iPhone のデザインを犠牲にしないところが こだわりです。

例えば きれいなボディーカラーが隠れないように透明クリアーケースにするとか、超薄型や 超軽量で

存在を感じさせないケースにするとか。おしゃれに使いこなせるアイテムの購入しています。

 サイズ選び

iPhone13のモデルは 全部で4種類、 iPhone 13 、 iPhone 13 Pro、 iPhone 13 mini、 iPhone 13 MAX

サイズは全て異なるので、 よく確認してアクセサリーを選びましょう。

前 iPhone12と 電源ボタンの位置等が微妙に違うので、基本的には iPhone13 対応のモノを購入しましょう。

 

サイズ別 アクセサリーの選び方

発売された iPhone13 は、サイズが4種類あるので アクセサリー購入時は間違いがないように注意して注文しましょう。

ネットショッピングでiPhoneのアクセサリーを 検索するときは 「検索キー」が重要です。

例えば「 iPhone13 カバー 」と検索するとサイズ4種類が すべて検索対象となってしまいます。

注文時は本体サイズをよく確認してから購入しましょう。

カバー iPhone13 」を 検索キー に 各ネットショップを検索できるボタン作ってみました。

「カバー iPhone13 」を 検索キー に Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで 商品を探すことが出来るリンクボタンです。

干渉の問題

アクセサリーを取り付ける際に発生するのが商品同士の干渉問題です。

例えば、ガラスフォルムを貼り付けた後、カバーを装着するときに、カバーの縁が大きくてガラスフィルムに当り、苦労して貼ったフィルムが、カバーに当たり浮いてしまったりすることがあります。

高価なアアクセサリーが干渉問題で使えないのはショックです。

■干渉問題の対策は

カバー と 画面フィルムは 同じメーカのものを購入する。
「干渉しない」「相性抜群」をうたっている商品を選ぶ。です。

 

フィルムの貼り付け

画面に保護フィルムを貼り付けるときに位置がズレたり、ホコリや気泡が入ったりする悩みがあります。

iPhoneの画面保護は問題山積です。

気泡が入りにくい商品や、何回も繰り返し剥がして試せる製品などがありますので検討してみましょう

画面保護にオススメなのは、ガラス製の保護フィルムです。貼るときに気泡を追い出しやすく、なにより硬いので画面の保護に繋がります。

位置がずれる問題解消に、貼り付け位置がピッタリ決まる、ガイド枠付きの製品がおすすめです。

ガイド付きの商品を購入してからは貼り付けるときに位置がずれることがなくなり、きれいに貼れるようになりました。

カバー の取り付け、取り外しが 難しい問題

iPhone本体にカバーを取り付けるさい、固くて取り付け取り外しが難しい場合があります。

装着時に、カバーがiPhoneのボタンにあたり、ボタンが取れそうになるぐらいキツイケースの製品もあります。

せっかくの傷防止カバーが、iPhoneの本体に傷をつけてしまったら本末転倒です。

対策としては、取り付け取り外しがキツイ商品ほど、取扱説明書にきちんと取り扱い方法の記載があるので、それに従って、挿入方向や手順を守って作業を行いましょう。

決められた手順で取り扱うと、意外と簡単に取り付けられることが多いです。

カバーを本体に取り付けるときは、必ず SIMカードを挿入しておきましょう。挿入を忘れてしまうと何回もカバーの取り付け取り外し作業が必要となり大変です。

カバーの取り付け後は 取扱説明書は捨てずに保管しておくことを おすすめいたします。

カメラレンズ部分は固くて丈夫

iPhoneのカメラレンズ部分は強度が強い材質で作られているため固くて丈夫です。

非常に硬い材質でカメラレンズを保護しているため、逆に iPhone以外のものを傷つけてしまいます。他の持ち物とiPhoneが ぶつからないようにしましょう。

2眼、3眼のカメラレンズの凸凹をなくす目的で、カバーをすることをおすすめいたします。

レンズを保護するとともに、他のものとぶつかったときに被害を最小限にするためです。

 まとめ

いかがだったでしょうか。

iPhoneに傷がついてしまってから焦るより、購入時点から保護アクセサリーを装着して精神安定をはかりましょう。

最後ににガッツリ保護する 「手帳型」 「耐衝撃 MIL規格」の商品を見てみましょう。